電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Owned 特殊清掃Plus

特殊清掃とは?気になる手順や費用・業者の選び方まで分かりやすく解説

カテゴリー:

「特殊清掃って何?」

「どんなときに特殊清掃が必要なの?」

特殊清掃という言葉はだんだん広まってきましたが、いつどんなときに特殊清掃が必要なのかわからないという人も多いでしょう。

特殊清掃について知れば、あなたの身の回りで何か合ったときすぐに対応できるかもしれません。

この記事では、特殊清掃をすべき状況と業者に依頼すべき清掃の内容を解説します。

気になる費用や、詳しい注意点についても紹介するので、この記事を読み特殊清掃に関する疑問を解決しましょう。

1.特殊清掃とは?

特殊清掃とは?

特殊清掃とは、通常の清掃で汚れを落とすのが難しい部屋を掃除することです。

以下のような部屋は、特殊清掃が必要になります。

  1. 自殺があった部屋
  2. 事件があった部屋
  3. 孤独死があった部屋
  4. ゴミが溜まった部屋

このように、汚れが床や壁に付着していたり、害虫が発生していたりする部屋は通常の清掃で綺麗にするのが難しくなります。

そのため、特殊清掃の専門業者が依頼を受けて清掃するケースがほとんどです。

次は、特殊清掃を依頼したい人に向けて、清掃と一緒に依頼をしたほうが良いことを解説していきます。

専門の業者に依頼をして、部屋を元の状態に戻しましょう。

2.特殊清掃と一緒に業者に依頼すべきなのはこれ!

特殊清掃と一緒に業者に依頼すべきなのはこれ!

業者に特殊清掃を依頼すれば、基本的な清掃はしてもらうことができます。

しかし、清掃作業だけでは落ちない汚れや、整理できない遺品があるケースも少なくありません。

そのため孤独死などが起こった部屋は、清掃に加え、以下のサービスを業者依頼して綺麗にしましょう。

特殊清掃業者に依頼すべきサービス

  1. ハウスクリーニング
  2. 遺品整理
  3. 遺品供養
  4. 不用品処分

ここからはそれぞれのサービス内容を解説します。

今の部屋の状況に合ったサービスを考え、特殊清掃と一緒に依頼してください。

(1)ハウスクリーニング

部屋の基本的な清掃・脱臭に加えハウスクリーニングを行うことで、快適に住める状態にまで部屋が回復します。

ハウスクリーニングの詳しい内容は業者によって異なりますが、主に以下のようなサービスを受けることが可能です。

  1. トイレ・浴室などに発生したカビの除去
  2. 庭の草刈り
  3. エアコン・換気扇の清掃
  4. フローリングのワックス掛け

賃貸の部屋など今後も特殊清掃を行った部屋に人が住む場合、ハウスクリーニングを行い環境を良くしておきましょう。

(2)遺品整理

遺品の整理を専門家に依頼することで、必要なものとそうでないものを分別し部屋を綺麗に片付けることができます。

孤独死や事件・自殺が合った部屋では、亡くなった人の遺品がそのまま残っている場合が多いです。

遺品の整理は遺族だけでもできますが、遺品の量が多い場合は片付けに数日かかることもあります

片付けの手間を省くには、遺品整理と特殊清掃をまとめて1つの業者に依頼することが必要です。

複数業者に依頼すると、日程の調整をしなくてはならないこともありますので、まとめて依頼できると手間を減らし時短にもつながるでしょう。

身近な人を亡くしたショックが大きい人は、遺品整理を専門業者に任せて心と身体を休める時間を確保することを優先してみてください。

(3)遺品供養

業者によっては、遺品の整理だけでなく遺品供養をセットで行ってくれることもあります。

遺品の供養は、基本的に合同のお焚き上げで行います。

大切な遺品をそのまま捨ててしまうことに抵抗がある、という人は遺品供養も業者にお任せしましょう。

詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

[遺品供養はやっぱり必要?供養の方法と依頼場所・費用相場を解説]

(4)不用品処分

遺品整理で出てきた不用品を、業者に処分してもらうことも可能です。

例えば、孤独死などが起こった現場には、遺品以外にゴミや不用品が大量にあり処分に困ることが多々あります

自力で捨てることもできますが、量が多いと短期間で不用品を処分するのは難しいです。

そのため、不用品回収もなるべくまとめて業者に依頼しましょう。

ただし、不用品を処分できる業者は限られているので、処分してもらえるか事前に確認すべきです。

ですが、専門の業者を利用し、原状回復するチャンスですので、必要に応じて依頼をしましょう。

次は、特殊清掃の具体的な事例を通して詳しい特殊清掃の内容を確認していきます。

3.特殊清掃の具体的な事例には何がある?

特殊清掃の具体的な事例には何がある?

特殊清掃についてもっと詳しく理解するには、具体的な清掃の事例を知ることが大切です。

ここからは、ブルークリーンが行った以下2つの事例を解説します。

特殊清掃の事例2選

  1. ゴミ屋敷を清掃した事例
  2. 孤独死が起きた部屋を清掃した事例

特殊清掃では具体的にどんなことをしてもらえるのか、知りたい人はぜひチェックしてください。

事例1.ゴミ屋敷の事例

【ゴミ屋敷整理】 / 東京都町田市にあるマンションの1DKで片付けを実施しました

まずは、東京都町田市にあるマンションの1DKで片付けを実施した事例です。

住民は、体調を崩し入院しており、室内は生ゴミや家財道具で溢れかえっておりました。

他に身寄りがなく、退院後に快適な空間で過ごせるよう綺麗にしてあげたいとの思いでご相談を頂いた事例です。

この事例では、以下のような対応を行いました。

  1. 室内清掃
  2. ゴミの分別
  3. ゴミの処分

部屋は、自治体と連携し費用を抑えながら元通りになりました。

今回のケースでは、床板や壁に大きな損傷は見られませんでしたが、ゴミ屋敷と呼ばれる部屋では壁や床が腐敗して交換が必要なケースも多いです。

また、トイレや浴槽など水回りに通常の拭き掃除では取れないカビが発生していることもあります。

部屋の状況に応じて業者と話し合い、必要な清掃・ハウスクリーニングを行いましょう。

事例2.孤独死の事例

【特殊清掃】 / 神奈川県相模原市にあるアパート(1K)で肺炎により亡くなった方の部屋を清掃しました

次は、神奈川県相模原市にあるアパート(1K)で肺炎により亡くなった方(孤独死)の特殊清掃事例です。

事前に死因について「肺炎」と伺っていたため、全身防護服とN-95マスクを使っての作業となりました。

発見までに時間がかかったことにより、孤独死特有の臭いが広がっていた事例です。

そのため特殊清掃業者は異臭を消すことを中心に、以下のような作業で対応しています。

  1. 室内残置物の撤去
  2. 消毒・脱臭作業

孤独死が起こった現場では、部屋全体に臭いが染み込んでいるため強力な除菌剤や脱臭剤で臭いを除去する必要があります

時には時間が経つにつれて再び臭いが出てくるということもあるので、追加で脱臭をお願いしなければいけないケースも少なくありません。

以上が、特殊清掃の具体的な事例でした。

特殊清掃では部屋の状況に応じてサービス内容が大きく変わります

まずは業者に依頼して部屋を確認してもらい、どんな対応が必要か検討していきましょう。

次は、特殊清掃を依頼する場合の費用相場について解説します。

4.特殊清掃の気になる費用

特殊清掃の気になる費用

特殊清掃を依頼する際にかかる費用は、必要な清掃の内容によって異なりますが、おおよそ5万円〜70万円ほどです。

サービス別の平均費用は、以下のようになっています。

床上の特殊清掃 30,000円〜
浴室清掃 30,000円〜
消臭剤・除菌剤の散布 10,000円〜
汚れた畳の撤去 1枚あたり3,000円〜
オゾン脱臭 1日あたり30,000円〜
作業員の人件費 20,000円〜

部分的な清掃なら数万円で済むこともありますが、部屋まるごと清掃する場合は人件費を含め安くても10万円を超えることがほとんどです。

一戸建てのゴミ屋敷をまるごと掃除する場合、不用品処分・片付けの費用もかかるので料金は50万円近くなることもあります。

料金が高い、と感じる人も少なくありませんが、必要な手間や人件費、消臭剤・除菌剤の量を考えればむしろ10万円以下の格安業者には注意したほうが良いでしょう。

次は、業者に依頼をする場合の具体的な注意点について解説します。

特殊清掃の依頼が身近になったことで、特殊清掃関連のトラブルは増加中です。

トラブルを避けスムーズに部屋を綺麗にするため、必要な注意点は押さえておきましょう。

5.業者に依頼する時の注意点とは?

業者に依頼する時の注意点とは?

特殊清掃が必要な部屋がある場合、なるべく早く清掃を依頼しなければどんどん料金が高くなってしまいます。

特に夏場は、時間とともに部屋の汚れがかなりひどくなってしまうので1週間対応が遅れただけで数万円料金に違いが出ることも少なくありません

特殊清掃が必要だ、と感じたらすぐに業者を探して依頼をしましょう。

また、特殊清掃を業者に依頼する場合でも、無防備な状態で部屋に入るのはNGです。

害虫や悪臭が発生しているケースがほとんどなので、マスクも手袋もせず部屋に入ると体調を崩してしまう恐れがあります。

また、孤独死などがあった現場を見て、精神的なショックを受ける人は少なくありません。

心と身体を少しでも楽にするため、部屋に入るときは必ずマスク・手袋・靴カバーをして必要のない出入りは避けましょう

次は、特殊清掃で良い業者を選ぶためのポイントを解説します。

納得のいく清掃をしてもらうため、ぜひチェックしてください。

6.特殊清掃で最適な業者を選ぶポイント3つ!

特殊清掃で最適な業者を選ぶポイント3つ!

特殊清掃でトラブル無く業者を選ぶには、以下のポイントをチェックしてください。

それぞれの注意点を知ることで、適切な業者が見えてきます。

ベストな特殊清掃業者を見分けるポイント

  1. 見積もりは明確か
  2. 特殊清掃の経験は豊富か
  3. 廃棄物に関する許可を持っているか

事前に業者をしっかりと比較して、トラブルを防ぎましょう。

ポイント1.見積もりは明確か

実際に作業を行う前、業者は清掃をする部屋の確認をして見積もりを出します。

しかし業者によっては見積もりが非常にわかりにくかったり、後になって見積もりにないお金を請求してくることも残念ながら少なくありません。

特に昨今は新しい特殊清掃業者が増えており、相場が分からず高額な料金を提示してくる業者もあります

料金は先ほど説明した相場と合っているか、サービスごとに明確な料金が示されているかしっかり確認しましょう。

ポイント2.特殊清掃の経験は豊富か

特殊清掃の実績を多く持っている業者は経験が豊富で作業にも慣れているので、サービスの質が高いと言えます。

特殊清掃の作業実績は多くの業者が公式サイトに載せているので、まずはチェックしてみましょう。

例えば、ブルークリーンでは以下のページに掲載させていただいております。

[ブルークリーン公式サイト|作業実績一覧]

特殊清掃やハウスクリーニングの現場は、間取りから状況まで多種多様。

豊富な知識を持ち「経験した場数が多い」ブルークリーンなら細かい見積もりから柔軟な対応までご相談をいただけます

ポイント3.廃棄物に関する許可を持っているか

最後に、廃棄物に関する許可を持っているかを確認しておきましょう。

産業廃棄物収集運搬業許可、または一般廃棄物収集運搬業許可現在新規取得不可)が必要です。

一般廃棄物収集運搬業許可があれば、一般家庭から出た廃棄物を収集・処分が可能となります。

しかし、新規の取得ができませんので、基本的には産業廃棄物収集運搬業許可を持つ業者です。

産業廃棄物収集運搬業許可であっても、自社排出扱いとして適切な処分場で廃棄物を処分し、マニフェスト管理等を厳格に行っている業者が大半でしょう。

つまり、こうした許可を持っていることが確認できない業者だと「違法」の可能性がありますので、不安な場合は確認してみてください。

以上が、業者選びのチェックポイントでした。

昨今は特殊清掃業者とのトラブルが増加しているので、業者選びはできる限り慎重に行いましょう。

まとめ

特殊清掃とは、孤独死や事件・事故の現場、ゴミ屋敷など特殊な事情を抱えた部屋を掃除することです。

特別な事情がある部屋を、ある程度自力で清掃することもできます。

しかし通常の洗浄剤では汚れを落としきれないケースがほとんどなので、不安ならブルークリーンへお気軽に無料お問い合わせからお声がけください。

誠心誠意、真心を込めて丁寧に対応させていただきます。