電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Owned 特殊清掃Plus

特殊清掃のバイトは稼げる?時給やリアルな体験談について解説

カテゴリー:

「特殊清掃のバイトってどんな感じなのかな」と気になっていませんか?

特殊清掃のバイトは平均よりも時給が高く、他のバイトよりも高いです。

ただし、現場によってはすごくハードな仕事なので、給料などの条件だけでなく、特殊清掃のバイトの仕事内容を知っておくべきでしょう。

そこで今回は、特殊清掃のバイトの時給や仕事内容、実際にあった体験談などを詳しく解説します。

この記事を読むことで、特殊清掃のバイトの給料事情やリアルな仕事内容をイメージでき、特殊清掃に向いているか分かりますよ。

1.稼げる?特殊清掃のバイトの時給・給料

特殊清掃のバイトの時給

特殊清掃のバイトの時給は、平均して1,000円〜1,500円です。

時給1,250円で1日8時間、週5日働いた場合、月給20万円になります。

モデル月給
時給1,250円×8時間×週5日×4週間=月給20万円

ちなみに、2021年10月時点でバイトの全国平均時給は930円です(注1)。

(参考:令和3年度地域別最低賃金改定状況|厚生労働省

昇給制度を導入している会社もあり、実績や勤続年数によって時給が上がる可能性もあります

給料面でみると、他のバイトと比べて特殊清掃は時給が高く、効率よく稼ぐことが可能です。

2.きつい?特殊清掃のバイトの仕事内容

特殊清掃バイトの仕事内容

「特殊清掃のバイトはきつい?」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

特殊清掃は、事故死や孤独死のあった現場や大量のゴミで汚れた現場を、もう一度住めるよう原状回復する仕事です。

具体的な作業内容は、以下の通りです。

  • 血液・体液の除去
  • 死臭・悪臭の除去
  • 害虫の駆除
  • 遺品整理
  • 不用品処分

現場は、血液や汚れが床や壁に付着していたり、害虫やカビが発生していたりする場合があります。

仕事内容は肉体的にも精神的にもハードなので、誰にでもできる仕事とは言えません。

特殊清掃のバイトは高校生や大学生でもできる?

特殊清掃の仕事は、高校生や大学生でもバイトとして採用している会社があります

「学生可」「高校生も可能」「学歴不問」と記載していれば応募できるため、求人内容をよく確認しましょう。

3.特殊清掃のリアル!バイトの体験談

特殊清掃の体験談

ここでは、実際にあった特殊清掃のバイトのリアルな体験談を紹介します。体験談は以下の5つです。

辛かった体験談

  1. 30度超えの真夏での作業
  2. 黒い浴槽の中から柔らかく溶けた遺体の一部
  3. 部屋の中で動く100匹以上のゴキブリ

良かった体験談

  1. 依頼主からの感謝の言葉
  2. 遺品整理で見つかったマグカップ

辛いことばかりではなく、良かった体験もあったので参考にしてください

辛かった体験談

まずは辛かった体験談を3つ紹介します。

働く前に、特殊清掃のバイトの辛いところをイメージできるので、参考にしてください。

辛かった体験談1.30度超えの真夏での作業

特殊清掃のバイトは、真夏が一番大変です。

特に、真夏の30度超えの日に依頼が入ったときは、とてもキツかったのを覚えています。

特殊清掃では遺体を直接扱うことはありませんが、暑さで遺体の腐敗が進んでいたことで強烈な臭いが残っていたうえ、大量の害虫がわいており、現場から逃げたくなりました

さらに、近隣住民に迷惑をかけてしまうので換気ができず、現場は蒸し風呂状態になり、暑さと匂いでクラクラしながら作業したのを鮮明に覚えています。

特殊清掃は、体力があって匂いを我慢できる人でないと難しい仕事だと思います。

辛かった体験談2.黒い浴槽の中から柔らかく溶けた遺体の一部

67歳の高齢者がヒートショックで亡くなり、ご遺族から依頼されたときの話です。

すでに遺体は警察に引き取られていましたが、清掃に入ると、浴槽の中が黒く変色していました。

浴槽内の異物を取り出していると、「ゴロッ」と何か柔らかいものに触れたので確認すると、溶けた遺体の一部がありました。

辛かった体験談3.部屋の中で動く100匹以上のゴキブリ

ゴミ屋敷内で孤独死すると、害虫が多く発生します。

ゴミを掴んで捨てようとすると、「カサカサ」と音がしたのでよく見たら、ゴキブリが大量に入っていました

さらに、遺体があったであろう場所にハエやうじ虫が大量にわいていたことや、黒い壁が動いたと思ったら一面に100匹以上のゴキブリがいたこともありましたね。

良かった体験談

次に、良かった体験談を2つ紹介します。

特殊清掃のバイトとして働くと、どのようなやりがいがあるのか具体的にイメージできるので、参考にしてください。

良かった体験談1.依頼主からの感謝の言葉

特殊清掃と遺品整理までを依頼されたときの話です。

遺品整理のあと依頼主から直接、「自分たちだけでは片付けができませんでした。本当にありがとうございます」と感謝されました

遺品整理を頼まれる人の中には、「亡くなった家族のことを思い出すのが辛いからお願いしたい」というケースもあります。

我々も命と向き合って丁寧に仕事をしていますが、特殊清掃で社会貢献できていると実感し、やりがいを感じますね。

良かった体験談2.遺品整理で見つかったマグカップ

孤独死でお母さんを亡くした息子さんから、特殊清掃と一緒に遺品整理と不用品の処分を依頼されました。

不用品処分の際に何かの景品と思われるマグカップがあり、なんとなく処分せず取っておくことに。

確認してもらうと、息子さんの手作りのマグカップらしく、お母さんが大事に取っておいてくれたことが嬉しかったそうです。

遺族の方が喜んでくれると、特殊清掃の仕事をしていて良かったなと思います

4.特殊清掃のバイトの求人はどうやって探す?

特殊清掃のバイトって稼げるの?時給やリアルな体験談を解説

「特殊清掃のバイトの求人はどうやって探すの?」と疑問の人も多いのではないでしょうか。

特殊清掃のバイトの求人情報は、以下の3つで探せます。

特殊清掃のバイトを探す方法

  1. ハローワーク
  2. 求人情報誌
  3. 求人サイト

ここからは、特殊清掃の求人を探す方法について詳しく解説します。

それぞれに特徴があるため、自分に合う方法で探しましょう。

探し方1.ハローワーク

特殊清掃のバイトの求人情報は、ハローワークに掲載されていることがあります。

地元の特殊清掃業者が多く掲載されているので、近くで働きたい学生におすすめです。

しかし、ハローワークの掲載は審査がないため、採用後に雇用条件を変更するブラック企業の可能性もあります。

応募の前に、募集している会社のWebサイトから情報を集め、しっかりした会社かどうか確認しましょう。

探し方2.求人情報誌

「タウンワーク」のような求人情報誌にも、特殊清掃のバイト情報が掲載されていることがあります。

コンビニやスーパー、駅に置いてあり、特に地元の特殊清掃業者が多いので、ハローワークと同様に近場で働きたい学生におすすめです。

しかし、ずっと応募が出ている求人情報は条件が悪いか、すぐ人が辞めてしまうブラック企業の可能性もあります。

応募する前に、その会社について情報を集めておきましょう。

探し方3.求人サイト

一番多いのが求人サイトで探す方法です。

求人サイトは掲載料が高く、会社の規模や売上の大きい特殊清掃業者による募集も見つかります。

また、絞り込み検索ができるので、時給や待遇の良い特殊清掃業者と出会える確率が高いです。

特殊清掃のバイトならブルークリーンで働きませんか?

特殊清掃のバイトはブルークリーンがおすすめもしあなたが関東圏で特殊清掃のバイトを探しているなら、ブルークリーンに応募してみてください。

ブルークリーンは、関東圏を中心に特殊清掃を請け負っている会社です。

バイトは時給1,280円から募集しており、経験や経歴を考慮したうえで給与を決定します。

特殊清掃業者は、会社の規模や従業員への還元度によって、もらえる給料や待遇など違うため、会社選びが重要です。

ブルークリーンなら全国の平均時給の930円より給与高く、バイトでも昇給が年4回あり、頑張った分だけ稼げる環境です。

あなたからのご応募をお待ちしております。

まとめ

特殊清掃のバイトは、給料が全国の平均時給より高く、稼ぎやすいです。

その反面、血液や悪臭の除去、害虫の駆除など、誰にでもできる仕事とは言えません。

ただし、ご遺族から感謝されることもあるので、社会貢献が好きな人はやりがいを感じられるでしょう

ブルークリーンでバイオリカバリーエンジニア(現場作業員)のアルバイトを募集しています。気になる人はブルークリーン公式サイトから求人情報を確認してください。