猫のうんこの臭い消しはどうすればよい?臭いの理由も解説

カテゴリー:
猫のうんこの臭い消しはどうすればよい?臭いの理由も解説

猫のうんこが臭くてお困りですね。

また、どうやったら「臭い消しできるの?」と疑問に思っている場合もあるでしょう。

猫のうんこが臭い原因は、普段与えている餌のほか、ストレスや消化不良も考えられます。

もし、臭いの原因をそのままにしてしまうと、猫が病気になったり、手術が必要になったりする可能性があるので注意しなければいけません。

この記事では、猫のうんこが臭い理由、臭い消しするにはどのようにすればよいのかを解説していきます。

うんこが臭い理由を知り、臭い問題を根本から解決することで、猫とよりよい生活が送れるようになりますよ。

大家さんにバレたくない…

こっそりお掃除したいなら、ブルークリーンにご相談ください。

内緒でペットを飼っているお部屋は、動物臭や壁・床の傷で大家さんにバレてしまうことが多いです。

過去には、しっかりと清掃していたけれど、換気扇に猫の毛がついていて発覚したというケースもあります。

とにかく、退去時にペットを飼っていることを知られたくないという方は、ブルークリーンにご相談ください。

秘密厳守で、お部屋の状況を確認して適切な処置をご提案させて頂きます。

1.どうすれば?猫のうんこの臭いを消す方法

1.どうすれば?猫のうんこの臭いを消す方法

まず、猫のうんこの臭いを消す方法を紹介していきます。

汚れた場所や汚した素材によって対処方法が異なるため、この記事を参考にしながら清掃方法を試してみてください。

清掃方法を知っておけば、猫のあらゆる臭いを根本から改善できるようになります。

方法1.トイレ以外の臭いを消す

トイレのしつけをしていても、猫がトイレ以外で排泄することは少なくありません。

カーペットや床、壁など、トイレ以外の臭いを消す方法は以下の2つです。

  • 洗えるものは酸素系漂白剤で洗濯する
  • 洗えないものは消臭剤で消臭する

それぞれ詳しく説明していきます。

(1)カーテンや服など洗えるものは酸素系漂白剤で洗濯する

カーテンや服、靴などの洗えるものに排泄されて臭いが強烈な場合は、酸素系漂白剤で洗濯しましょう。

以下の手順で試してみてください。

酸素系漂白剤で洗濯する手順
  1. 水洗いする
  2. 酸素系漂白剤で漂白する
  3. 洗濯機で洗濯する

洗える布地に猫がおしっこやうんちの汚れがついた場合は、汚れを水洗いしましょう。

ただし、汚れた部分をこすってはいけません

汚れが広がり布地にしみ込んでしまうため、余計に取れなくなってしまいます。

水洗いできたら、通常よりも高い濃度の酸素系漂白剤を汚れの部分に塗りこんでください。

猫の排泄物は臭いも汚れも強烈なため、漂白剤を薄めてしまうと効果が弱まってしまいます。

漂白剤を塗りこんだら、ぬるま湯に30分ほど漬けておきましょう。

30分経過したら、漂白剤は洗い流さず洗濯機で洗濯してください。

漂白剤は色落ちの原因となるので、色物の布地の場合は様子を見ながら漂泊するとよいです。

(2)カーペットやフローリングなど洗えないものは消臭剤で消臭する

うんちの汚れがカーペットやフローリング、畳などについてしまい、洗えないものは消臭剤で消臭しましょう。

以下の手順を試してみてください。

消臭剤で消臭する手順
  1. 拭き取る
  2. 消臭する

まずは、猫のおしっこやうんこでカーペットやフローリングが汚れた部分を、雑巾で拭き取ってください。

このときも汚れをこすらないように注意し、叩くようにすると汚れが落ちやすくなります

完全に汚れが落ちたら、スプレータイプの消臭剤で消臭してください。

もともと汚れがあった部分に、数回スプレーしましょう。

次亜塩素酸系や二酸化塩素系などの天然由来成分のものを使用すると、猫が舐めても安心です。

方法2.トイレそのものの臭いを消す

トイレ以外で排泄した場合は、漂白剤や消臭剤を使用して臭いを消しましょう。

トイレそのものの臭いを消すには、以下の3つの方法を試してみてください。

  • 猫砂を交換する
  • トイレ本体を丸洗いする
  • 消臭剤を設置してみる

それぞれ詳しく説明していきます。

(1)猫砂を交換する

「トイレが臭う」と感じた際は、猫砂を入れ替えてみてください。

猫はきれい好きなため、うんちの汚れやおしっこの臭いが染みついたままではトイレを使わなくなり、トイレ以外の場所で排泄してしまうことがあります。

月に一度は猫砂を入れ替え、排泄物で固まった砂は定期的に取り除いてあげましょう。

日頃から衛生的にしておくと、臭いを減少させることができます。

(2)トイレ本体を丸洗いする

猫砂を入れ替えても、トイレ本体に臭いが染みついていたら臭いは消えません。

そのため、猫砂を入れ替えるタイミングで、トイレ本体を丸洗いしてみてください

臭いのないトイレに猫砂を入れれば、きれい好きの猫でも安心して使用してくれます。

(3)消臭剤を設置してみる

猫のトイレのそばにビーズタイプの消臭剤を設置するのも、臭いを消す方法です。

ただし、猫が倒してしまう可能性もあるため、設置場所には留意しましょう。

また、最近では猫砂に混ぜるものもあり、量で香りが調節できるのが特徴です。

ただし、猫が不快に感じる場合があるため、猫砂に混ぜる際は量に気を付けましょう。

もし、自分で掃除しても臭いが消しきれない場合は、業者に頼んで特殊清掃を依頼したほうが良いです。

下記の記事では、「特殊清掃とはなにか?」という内容について紹介しているので、興味があればこちらもチェックしてみてくださいね。

特殊清掃とは?現場の事例や費用・業者の選び方を解説

2.把握しておくべき!猫のうんこが臭い理由

2.把握しておくべき!猫のうんこが臭い理由

猫のうんこが臭い原因は、日頃食べているものにあります。

肉や魚などの動物性たんぱく質を含んだ餌を食べていると、うんこの臭いがきつくなるのです。

なぜ、それだけで臭いがきつくなるのかと疑問に思うでしょう。

胃や小腸で消化しきれなかった大量の動物性たんぱく質は、大腸の腸内細菌に分解されます。

分解の際、臭いのもととなるアンモニアが発生し、その結果うんこが臭くなってしまうのです。

臭いの原因の多くは食べ物にありますが、それ以外にも猫のうんこが臭いのには理由があります

理由1.餌が合っていない

餌が合わないせいで、人間と同じように食べ物にアレルギー反応を起こす猫がいます。

皮膚にかゆみが出たり、下痢や軟便になったりと、さまざまな症状が出てしまうのです。

ただし、人間とは違いはっきりアレルギー反応があるわけではないので、餌のどの成分が原因なのか突き止めるのは難しいでしょう。

もし、なんらかの症状が見られたら、動物病院に相談してみてください

理由2.栄養バランスが偏っている

日頃から、栄養バランスが偏った食事を与えていると消化機能が弱くなります。

消化機能が弱くなると、食べたものがうまく消化されずうんこが臭くなるのです。

肉や魚などの動物性たんぱく質を中心とした、栄養バランスのよい食事を心がけましょう

理由3.消化不良を起こしている

たんぱく質は大切な栄養素ですが、たくさん摂取し過ぎると胃や小腸で消化しきれず消化不良を起こします。

そのため、先述したように栄養バランスを考えた食事を与える必要があるのです。

餌を改善することで、猫のうんこの臭いを軽減できます。

理由4.運動不足になっている

食べているものに理由が見当たらずうんこが臭う場合は、猫が運動不足になっているのかもしれません。

運動不足になると、肥満になり筋肉量が低下してしまいます。

筋肉量が低下すると、基礎代謝が減少し糖尿病や心臓病など、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。

また、体を動かさないことで大腸の動きが悪くなり、便秘になってしまうこともあるのです。

どちらにしても腸内活動が低下することでうんこの臭いがきつくなるので、猫じゃらしで遊んだり、キャットタワーに登らせたりするなど、適度に運動させてあげましょう。

理由5.ストレスを抱えている

ストレスが理由でうんこが臭い可能性があります。

飼い主にとっては些細なことでも猫にとっては大きなストレスとなることもあります。

たとえば、引っ越ししたり、飼い主以外の人が近くにいたりという環境の変化でストレスを抱えることもあるのです。

運動不足と同じく、ストレスは腸内活動を低下させ悪玉菌を発生させます。

その結果下痢になり、臭い以前にうんこの状態がよくない可能性もあるため、ストレスをかけないようにしてあげましょう。

3.実践!猫のフンの匂い消しをする方法

3.実践!猫のうんこの臭い対策

猫のフンが臭い理由は、栄養バランスが偏っていたり、運動不足やストレスを感じているなど多岐にわたります。

では、どのような対策で猫のフンの匂い消しをすればよいのでしょうか。

飼い主ができる猫のフンの匂い消し方法を2つ紹介していきます。

日々の生活のなかでできる対策をすることで、猫も飼い主も快適に暮らせるようになりますよ。

対策1.便臭の軽減が期待できる餌に変える

便臭対策になる餌は以下の3つです。

  • 肉か魚を使用している
  • 穀物類を使用していない
  • 無添加である

肉や魚などの動物性たんぱく質をたくさん摂取し過ぎるのはよくありませんが、バランスよく摂取することで便臭対策になります。

また、猫は肉食なので穀物類を使用した餌は消化するのが苦手です。

そのため、グレインフリー(穀物不使用)の餌を選ぶようにしてください

穀物類が腸内に溜らず発酵することもないため、臭いを軽減できます。

着色料や防腐剤などの合成添加物が含まれていない餌を選ぶのもひとつの方法です。

自然由来のものを選ぶようにしましょう。

対策2.トイレで排泄できる環境を整える

猫がトイレで排泄できる環境を整えてあげてください。

猫がトイレ以外で排泄する原因は、トイレが気に入らないことにあるかもしれません。

そのせいで部屋のあちこちでおしっこやフンをして汚れてしまうのです。

猫がトイレを気に入らない理由はいくつかあります。

  • トイレ(猫砂)が汚い
  • 猫砂が少ない
  • トイレが猫の大きさに合っていない
  • トイレの場所が気に入らない

猫はきれい好きで繊細なため、猫砂が少ないだけでトイレで排泄してくれなくなります。

そのため、まずは猫がトイレで排泄できる環境をしっかり整えてあげましょう

定期的にトイレを清掃したり、猫の体に合わせたトイレを用意するなど、不満やストレスを感じない環境が大切です。

petmi(ペットミー)|全国のペットショップ情報から子犬・子猫探しできる日本最大級のペット販売情報サイト
petmi(ペットミー)は全国の優良ペットショップの販売情報から子犬・子猫を検索できるポータルサイトです。日本最大級の掲載数の中から、あなたの幸せな愛犬・愛猫探しをサポートします。

4.猫が庭にフンをした!掃除から消毒方法の手順を紹介

猫が庭にフンをした!掃除から消毒方法の手順を紹介

次に、庭にされた猫のフンの掃除や消毒方法について説明します。

この見出しで紹介する内容を知っておけば、衛生的に問題のあるフンを適切に処理する方法を学び、庭の清潔さを保つことができます

具体的な手順は以下の通りです。

  1. 道具を用意する
  2. フンをスコップで拾って新聞紙に包んでごみ袋に入れる
  3. フンが触れていた周辺の土や砂利も捨てる
  4. エタノールや塩素系の洗剤をかけて消毒する
  5. 使用した掃除道具の消毒と廃棄をする
  6. 手洗い・うがいをする

1つずつ、見ていきましょう。

 手順1.道具を用意する

まず、ビニール手袋・園芸用スコップ・新聞紙・塩素系の洗剤・ごみ袋を用意しましょう。

糞尿の排出物を適切に取り扱い、可能な限り衛生的に作業を進めるためです。

猫のフンはトキソプラズマ症や猫白血病などの感染症を媒介する可能性があります。

そのため、適切な手袋で直接触れずに処理することが重要で、これにはビニール手袋が適しています。

また、スコップと新聞紙を使用することで糞尿の直接の取り扱いを避けることが可能となり、感染症のリスクを減らします。

塩素系の洗剤は、猫の糞尿に含まれる細菌を死滅させる力があります。

ごみ袋は糞尿を散らかさず処分するために必要です。

全ての道具を用意したら、次の手順に進みましょう。

 手順2.フンをスコップで拾って新聞紙に包んでごみ袋に入れる

次に、フンをスコップで拾い、新聞紙で包み、ごみ袋に入れましょう。

フンをスコップで拾う理由は、直接手で触れることなく取り扱うためです。

猫のフンにはトキソプラズマ症や猫白血病などの病原体が含まれる可能性があります。

園芸用スコップを使用することで、これらの病原体から自身を守ることが可能になります。

また、フンを新聞紙で包むのは、フンがごみ袋内で散乱するのを防ぎ、清潔に保つためです。

新聞紙は吸収性に優れているため、フンから出る水分を吸収し、臭いの拡散を防ぎます。

例えば、ビニール手袋をした状態でスコップを使ってフンを掬い、新聞紙の上に落とします。

その後、新聞紙の四隅を持ち上げて包み、そのままごみ袋に入れて処理します。

手順3.フンが触れていた周辺の土や砂利も捨てる

フンを取り除いた後、フンが触れていた周辺の土や砂利も捨てることが重要です。

猫のフンから漏れ出る体液や微細な糞尿の粒子が周囲の土や砂利に染み込む可能性があるためです。

その結果、これらの領域も潜在的な病原体の源となり得ます。

また、フンの臭いが残ってしまうと、それが再び猫を引き寄せ、庭が猫のトイレとして利用され続ける可能性があります

具体的な行動としては、スコップを使ってフンがあった場所の土や砂利を掘り出し、新聞紙で包み、ごみ袋に入れることです。

この作業を行うことで、庭全体の清潔さと衛生状態を保つことができます。

この一連の作業は、野良猫のフンによる衛生上のリスクを軽減し、庭の清掃を維持するために重要です。

これらの手順を理解し、適切に行ってください。

手順4.エタノールや塩素系の洗剤をかけて消毒する

次に、エタノールや塩素系の洗剤をかけて、フンがあった場所を消毒しましょう。

これは、猫のフンが合った場所と周辺には病原体が存在する可能性があるからです。

病原体は、触れるだけでなく、風に乗って拡散したり、虫などによって広がる可能性もあります。

具体的な手順としては、フンを取り除いた場所にエタノールや塩素系の洗剤を直接かけるか、スプレーボトルに入れて散布してください。

その後、製品に記載されている時間だけ放置した後、水で良く洗い流します。

手順5.使用した掃除道具の消毒と廃棄をする

庭の掃除と消毒が終わったら、使用した掃除道具の消毒と廃棄を行いましょう。

消毒と廃棄によって、猫のフンに付着した可能性のある病原体を広げずに済むからです。

具体的には、使用した道具をエタノールや塩素系の洗剤で丁寧に洗い、消毒します。

手袋は使い捨てのものであればそのまま廃棄します。

スコップなどは、その後乾燥させて保存し、次回使用前に再度消毒することをおすすめします。

手順6.手洗い・うがいをする

最後に、手洗いとうがいをしましょう。

なぜなら、手や口腔内に猫のフンからの病原体が残っている可能性を除去し、自身や家族が感染症に罹るリスクを減らせるからです。

手は水と石鹸を用いて20秒以上しっかりと洗います。

手の甲・指間・指先・爪の周りなど、見落としがちな部分も念入りに洗うことが重要です。

また、うがいも行いましょう。

うがい薬を使用するか、水で口をすすぐだけでも効果的です。

以上の手順を実行することで、自身と家族の健康を確保し、猫のフンによる感染リスクを最小限に抑えることが可能です。

5.猫のうんこの臭いでお困りなら私たちブルークリーンにお任せを!

4.猫のうんこの臭いでお困りなら私たちブルークリーンにお任せを!

もし、猫のうんちの汚れや臭いがどうしても取れなかったり、苦情が来てすぐにでも改善したいなら、私たちブルークリーンにお任せください。

ブルークリーンは、特殊清掃や遺品整理をおこなっている会社で、2,000件以上もの作業実績があります。

お片付けはもちろん、猫の排泄物の清掃や消臭、消毒といったハウスクリーニング対応も可能です

LINEや電話で無料のお見積もりをご利用いただけますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ここからは、弊社でおこなった遺品整理の作業実例を2つご紹介していきます。

事例1.ペットの糞尿が放置された部屋

事例1.ペットの糞尿が放置された部屋

こちらは、ペットの排泄物が散乱し臭いが強烈だった清掃事例です。

ご依頼者によると、以前亡くなったご家族の遺品整理ができておらず、加えて、この家に住む方が病気になったため、ハウスクリーニングをご希望とのことでした。

現場は二階建ての一軒家で、一階はペットのおしっこの臭いが強く、廊下は糞尿が散乱している状態です。

裸足であることが困難な状況で、部屋数も多かったためクリーニングと片づけに時間がかかることが予想された現場です。

この事例では以下の作業をおこなっています。

  • 残置物撤去
  • 形見分け(貴重品の捜索)
  • ハウスクリーニング
  • 除菌
  • 脱臭

1日目に仕分け、2日目にハウスクリーニングという段取りを組み、ご依頼者が事前に仕分けを進めていたこともあって、スムーズに作業を進めることができました。

スタッフが作業箇所を入念にチェックし、ご依頼者が懸念されていた臭いも解消され、作業完了となりました。

事例2.猫の多頭飼育により糞尿が散らかった部屋

事例2.猫の多頭飼育により糞尿が散らかった部屋

こちらは、猫を多頭飼育していた部屋の清掃事例です。

ご依頼者によると、出張から帰ってきたら室内が糞尿で散らかっており、日々の生活にも支障が出ることから緊急の対応をご希望とのことでした。

現場は、部屋全体に猫の糞尿が散乱しており、餌や生ゴミなどによる悪臭も発生していました

この事例では以下の作業をおこなっています。

  • 腐敗物の撤去
  • 除菌消臭
  • 脱臭
  • 整理整頓
  • ハウスクリーニング

ご依頼者が日中お仕事をしている都合上、立ち合いはありませんでしたが、鍵をお預かりしたうえで作業を進めました。

ご依頼者が帰宅する時間にあわせて再度訪問し、部屋の仕上がりを確認していただいたのち、鍵を返却してご依頼完了となりました。

まとめ

この記事では、猫のうんこが臭い理由、臭い消しする方法について解説してきました。

猫のうんこが臭い原因として最も多いのが食べ物です。

加えて、ストレスや消化不良など、日々の生活が原因で臭くなっている可能性もあります。

部屋に染みついてしまった臭いは、そう簡単に消えるものではありません

そのため、餌に気をつけたり、普段からこまめに清掃するなどして、臭い問題を根本から改善することが大切です。

猫のうんこの臭いや汚れについてのご相談がある方は、ブルークリーンまでお問合せください。

監修者 鈴木亮太(すーさん)

ブルークリーン株式会社

カスタマーサービス部所属

▶経歴
・公益社団法人日本ペストコントロール協会ペストコントロール技能師
・3,000件以上の孤独死案件に携わる

▶メディア出演
・「ABEMA 変わる報道番組 #アベプラ【公式】」ABEMA
・「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」BSスカパー
日刊SPA!
bizSPA!フレッシュ
・「Channel恐怖」Aamzon prime video

よくある質問のまとめ

最後に、よくある質問についてまとめました。

猫のうんこの臭いを消す方法は?

以下の方法があります。

  • 洗えるものは酸素系漂白剤で洗濯する
  • 洗えないものは消臭剤で消臭する
  • 猫砂を交換する
  • トイレ本体を丸洗いする
  • 消臭剤を設置してみる

などがあります。

猫のうんこが臭い理由とは?

以下の理由があります。

  • 餌が合っていない
  • 栄養バランスが偏っている
  • 消化不良を起こしている
  • 運動不足になっている
  • ストレスを抱えている

猫のうんこの臭い対策が知りたい

以下があります。

  • 便臭の軽減が期待できる餌に変える
  • トイレで排泄できる環境を整える