電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Owned 特殊清掃Plus

ゴミ屋敷は病気が原因?可能性のある病気と対処法を解説

カテゴリー:

「ゴミ屋敷を片付けようとしても拒否される」

「ゴミ屋敷に住む家族の様子がおかしい」

ゴミ屋敷を作ってしまう人の原因として、心の病気や発達障害が考えられます。

単に片付けが苦手というレベルを超えている場合、病気の可能性を考えたほうが良いでしょう。

この記事では、ゴミ屋敷に関連する病気や発達障害、そしてその治療法について解説していきます。

ゴミ屋敷の原因を知って、適切な治療を行いましょう。

1.ゴミ屋敷にしてしまうのはある’’病気’’が原因かも

ゴミ屋敷にしてしまうのはある’’病気’’が原因かも

周囲の人にまで迷惑をかけるほどのゴミ屋敷になってしまう原因は、病気にあることも少なくありません。

ゴミ屋敷ではかなりの悪臭や害虫が発生しており、まともに住める状態では無いことが多々あります。

しかしそんな環境でもゴミを捨てない人の心には、病気などのトラブルがあると考えられるでしょう。

少し片付けが苦手なだけ、という理由で済まない状態なら、ゴミ屋敷化に繋がる可能性のある病気について知っておくことをおすすめします。

2.ゴミ屋敷に関わる病気

ゴミ屋敷に関わる病気

ゴミ屋敷ができてしまうのは、全て本人の責任とは言えません。

精神的な病などを抱えている場合、どうしても片付けが難しくなることは十分あるでしょう。

例えば、ゴミ屋敷の原因となる可能性のある病気は以下の通りです。

ゴミ屋敷に関連する病気

  1. うつ病
  2. 統合失調症
  3. 認知症
  4. 強迫性障害
  5. セルフネグレクト
  6. ためこみ症

ゴミ屋敷につながってしまいやすい理由をそれぞれ見ていきましょう。

病気1.うつ病

うつ病

いつも物事をネガティブに捉えてしまい、生きる気力を失ってしまうといわれるうつ病。

うつ病となると、生活に関する能力や意欲が低下するため、セルフ・ネグレクト(後述)と呼ばれる状態になりかねません。(※)

例えば、不衛生な住居にしてしまったり、身だしなみが綺麗にできないなどです。

症状にもよりますが、家族などが同居している場合、ゴミを代わりに捨てればゴミ屋敷化は防げる可能性があるでしょう。

しかし、一人暮らしの場合は誰もゴミを片付けられず、空箱だらけのゴミ屋敷ができてしまうこともあるのです。

うつ病によるセルフ・ネグレクトは、意外に身近にあるかもしれないので、客観的な視点でゴミ屋敷の原因を捉えてみると良いかもしれません。

東京都高齢者虐待対応マニュアル|東京都福祉保健局長 平井健一

病気2.統合失調症

統合失調症

統合失調症の残遺状態には、ゴミやものを溜め込むといったゴミを片付ける能力の低下が症状が現れることもあります。(※)

統合失調症の症状は人によって大きく異なり、全員がゴミ屋敷を作るとは言えません。

しかし、生活を支える家族が近くにいない、持病が悪化することで生活スキルが低下するなど、統合失調症もゴミ屋敷のきっかけとなる要素はあります。

《11》いわゆるごみ屋敷への精神保健福祉の視点からの考察
菅原 誠
東京都立中部総合精神保健福祉センター副所長
(公財)東京都医学総合研究所客員研究員

病気3.認知症

認知症

認知症は、物事を判断する力(失認)が大きく落ちてしまう症状があります。(※1)

こうした失認には、対象を正しく認知・認識できないことが例としてあげられています。

そのため、ゴミという対象の判断がつかなくなったり、ゴミ出しの日を忘れるなどしてゴミ屋敷化するケースが考えられます。

実際に、ゴミが捨てられず問題となっている事例もあり、認知症とは切り離せない問題ともいえるでしょう。(※2)

※1認知症|みんなのメンタルヘルス|厚生労働省
※2認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン|厚生労働省

病気4.強迫性障害

強迫性障害

強迫性障害とは、自分の意志に反して特定のイメージや行動を繰り返してしまう病気のことです。(※1)

強迫性障害の1つには、強迫的ホーディング(ためこみ症)が含まれ、収集癖が見られることが報告されています。(※2)

生活空間に物を繰り返し集めても、捨てることや手放すことが困難であるケースが多く、一般的に見るとゴミ屋敷と呼べる状態になるほどに。(※3)

ゴミ屋敷を意識的に作ろうとしているわけではありませんが、強迫性障害も1つの原因と考えることができるでしょう。

※1強迫性障害|みんなのメンタルヘルス|厚生労働省
※2強迫的ホーディング|Wikipedia
※3ためこみ症|MSD マニュアル プロフェッショナル版

病気5.セルフネグレクト

セルフネグレクト

セルフネグレクトとは、生活に必要な行為ができなかったり、その能力がないケースで安全や健康が脅かされている状態のことです。(※)

具体的には、食事を取ったり、お風呂に入ったりするのはもちろん、片付けをすることもできなくなるという可能性があるなどです。

セルフネグレクトは、前述した認知症やためこみ症、統合失調症・うつ病などを含む精神障害やパーソナリティ障害が原因として考えられています。

不衛生な住環境になるという要素があり、ゴミ屋敷化するきっかけとなり得るわけです。

セルフネグレクト|Wikipedia

病気6.ためこみ症

ためこみ症

ためこみ症は、強迫的ホーディングとも言われ大量の物を生活域に集めておかないと気が済まなくなる症状があります。(※1)

ためこみ症になると、ものを捨てることを極端に嫌がる傾向がありますので、結果的に気がついたらゴミ屋敷となっていたということがあり得ます。(※2)

精神障害や強迫性障害の1つとして考えられ、ゴミ屋敷となる病気としても捉えられるでしょう。

ためこみ症について詳しくは、[ためこみ症が片付けられない原因?症状と治療方法、相談先を丁寧に解説]をご覧ください。

※1強迫的ホーディング|Wikipedia
※2ごみ屋敷|Wikipedia

病気の内容にもよりますが、年齢や環境が変わっていくことでこうした病気になり、今までの性格が変わる人は少なくありません。

病気が原因で片付けができないのは本人の責任とは言えないので、こんなにゴミを置いておかしいんじゃない、と本人を責めないようにしましょう。

次は、ゴミ屋敷の原因となる可能性もある発達障害について解説していきます。

3.発達障害が原因でゴミ屋敷になることも

ここまで、ゴミ屋敷になりやすい病気についてお話してきました。

ですが、中には精神的な病だけではなく、以下のような発達障害の症状が関わっていることもあります。

ゴミ屋敷につながる発達障害

  1. ADHD
  2. 自閉スペクトラム症

ここからはそれぞれの症状とゴミ屋敷との関係について解説していくので、ぜひチェックしてください。

(1)ADHD

ADHDは、多動性、衝動性、不注意などの症状を伴う発達障害の1つです。(※1)

研究により、発達障害に含まれるADHDにもためこみ症の症状が合併することがわかり、気付かぬうちにゴミ屋敷となっているケースがあるそうです。(※2)

部屋が汚い、ゴミ屋敷であるという判断は個人によって違います。

そのため、少し散らかっているという状態でも、家へ足を運ぶとゴミ屋敷状態であったということも十分に考えられるでしょう。

※1ADHD(注意欠如・多動症)の診断と治療|e-ヘルスネット
※2ごみ屋敷とADHD|朝日新聞

(2)自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症とは、アスペルガー症候群、自閉症などを含む発達障害です。(※1)

発達障害には、ためこみ症(癖)が合併する可能性があることはADHDの項目でお話しました。

また、自閉スペクトラム症は、愛着とこだわりを持つ傾向があり、不要なものと判断できないことも懸念されています。(※2)

こうした背景から見ると、ゴミ屋敷を作ってしまうと考えられるでしょう。

※1ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)について|e-ヘルスネット
※2《11》いわゆるごみ屋敷への精神保健福祉の視点からの考察
菅原 誠
東京都立中部総合精神保健福祉センター副所長
(公財)東京都医学総合研究所客員研究員

次は、ゴミ屋敷の原因となる病気を治す方法、家族としてできることなどを解説していきます。

4.ゴミ屋敷に関する病気を治療するには

ゴミ屋敷に関する病気を治療するには

ゴミ屋敷に何か病気が関連してそうだと感じている場合、まずは医療機関を受診することが大切です。

例えば、精神科、心療内科の先生の話を聞いてからどのように対処すれば良いか考えていくなど。

ちなみに、多くの精神科、心療内科では病院に来るのが難しい人向けに、家族が代理で受診することができるようになっています。

もし病気だとわかった場合は、医師の指導のもとカウンセリングや薬物療法、認知行動療法などで病気を治療していくことになるでしょう。

【参考】ゴミ屋敷を起こす病気の治療に関して自分でできること

ゴミ屋敷化した家に住む家族の生活をなるべく見守ることで、状況が改善することも少なくありません。

家族が病気の場合はなるべく家を訪問して話すことで、「周りの人はあなたを見守っている」という気持ちを伝えることが可能です。

もちろん接し方については専門の医師のアドバイスが必要ですが、孤独死などを防ぐためにもなるべく関わりを持ちましょう。

また、家族がゴミ屋敷清掃に前向きになってくれたら、専門の清掃業者に依頼してゴミ屋敷を片付けることもできます。

自分で掃除をするのは大変なので、早めに清掃業者について調べておきましょう。

5.ゴミ屋敷での生活は体の病気にもつながる

ゴミ屋敷での生活は体の病気にもつながる

ゴミ屋敷に住むことで、結果的に引き起こされる身体上の病気もあります。

例えば、不衛生な空間で長年暮らした結果、肺の病気や皮膚の病気にかかる可能性は捨てきれませんよね。

また、害虫が発生していると、気分を悪くするということもあり得ます。

食品にカビや細菌が付着していれば、お腹の調子を悪くしてしまうこともあるでしょう。

さらに、ゴミが散乱して足の踏み場のない状況では、足をひっかけ転倒事故も多くなるため、高齢者にとっては危険な状態です。

6.ゴミ屋敷の片付けをすすめるなら業者に相談を

ゴミ屋敷の片付けを行うなら、専門の業者に依頼するのが良いでしょう。

病気が快方に向かったとしても、一度汚れてしまった部屋を元通りにするのは非常に難しいことです。

また、ゴミ屋敷を長期間放置すると身体面にも悪影響が出てしまうので、なるべく早く業者に依頼をして片付けをしましょう。

ゴミの整理と部屋の清掃をまとめてお願いできる業者が、ブルークリーンです。

ブルーグリーン

関東圏を中心に、見積もりがわかりやすく、料金面でも安心して相談できる業者としてご愛顧いただいております。

また、遠方からのご依頼にも立会いなしで対応することが可能です。

[ブルークリーンにご依頼いただける内容例]

  • 特殊清掃
  • お片付け/残置物撤去
  • 除菌作業
  • 原状回復工事
  • 貴重品の郵送

病気が快方に向かった後、具体的にどうやってゴミ屋敷を片付けようかお悩みの人は、根本から改善するためにも、ぜひブルークリーンにご依頼ください。

まとめ

ゴミ屋敷ができてしまうことには、住んでいる人の病気が影響しているケースが多いです。

一人暮らしの場合、家族のサポートが受けられずゴミ屋敷がどんどん悪化していく可能性もあります。

そのため、異変を感じたらまずは医療機関など専門の窓口に相談して病気への対処法を聞いてみましょう。

そして本人がゴミ屋敷を片付ることに前向きな気持ちになったら、専門業者に頼み家を掃除してもらうことが大切です。