電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Owned 特殊清掃Plus

ゴミ屋敷住民の心理はどうなっている?片付けられない理由と対処法を解説

カテゴリー:

「近くのゴミ屋敷住民はなぜゴミを溜めるの?」

「あんなにたくさんのゴミ、どうして住んでいる人は気にならないの?」

近所のゴミ屋敷を解決するため、住民の心理を知りたいと考えている人は多いです。

この記事では、ゴミ屋敷に住む人の心理と、ゴミ屋敷の解消方法を解説していきます。

ゴミ屋敷に住む人の心理・気持ちを理解し、その人に合った解決策を導き出しましょう。

1.ゴミ屋敷住民によくある6つの心理とは?

ゴミ屋敷住民の心理とは?

ゴミ屋敷に住む住民がどんな心理で暮らしているのか、気になっている人は多いはずです。

ゴミ屋敷に住んでいる人は、一般的に見てゴミと判断できる袋や荷物が大量にある環境でも全く気にならないのでしょうか。

ここからは、ゴミ屋敷に住む人のよくある心理を6つ解説していきます。

ゴミ屋敷に住む人の心理を理解し、どうすれば片付けに前向きになってもらえるか考えましょう

ゴミ屋敷に住む人のに当てはまりやすい6つの心理

  1. もったいない気持ちで捨てられない
  2. ものを買ってくるのが好き
  3. 孤独感をもので埋めている
  4. ストレスが強く片付ける気力がない
  5. 汚いものを触るのが嫌
  6. 人の手を借りたくない

それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

心理1.もったいない気持ちで捨てられない

ものを捨てるのはもったいないことだ、と考えている人は、不要なものを捨てられずゴミ屋敷を作りがちです。

例えば、幼少期に貧しい暮らしをしていた人が、どんなものもなるべく捨てず有効的に活用しようと努力したとしましょう

その考え方が大人になってからも変わらず、ものが十分あるのに捨てられない人という状態に陥るケースがあるのです。

こうした「もったいない精神を持っている人」は、自ら自覚してゴミ屋敷を作っている訳ではありません。

持っているものを上手く活用する方法や、保管する方法を提案できれば一気に片付けが進む可能性もあります。

心理2.ものを買ってくるのが好き

ものを買ってくるのが好き

ショッピングが趣味で、どれだけ不要なものを捨てても新しくものを買ってきてしまうという人もいます。

家がどれだけ広くても、許容量を超えるほどのものを購入すれば、ゴミ屋敷化はまぬがれません。

例えば、収入があり頻繁にショッピングができる人は、買い物が原因でゴミ屋敷を作ってしまいがちです。

また、ショッピングばかりしている人の中には、買い物依存症になり買い物をしていないと落ち着かない、という人もいます。

厚生労働省によると、依存症というものは、脳のドーパミンと呼ばれる快楽物質と、ドーパミンが分泌される行動が繰り返されることによりコントロールできなくなる病気です。

つまり、買い物という行動によるドーパミンの分泌が原因で集まった、製品・用品によってゴミ屋敷化しているといったケースも考えられるでしょう。

心理3.孤独感をもので埋めている

孤独感が強くなることで、不安や焦りからゴミで寂しさを埋めようとする心理が働きます。

同厚生省の資料によると、孤独な気持ちが大きくなると、人は代わりに「別のものや行動」で充足感を得ようとする依存症のきっかけを作ってしまいます。

例えば、一人暮らしの人、家族や友人との交流があまりない人は、孤独感を溜め込んでしまう可能性が高いといえるのではないでしょうか。

また、親しい人との死別など大きな喪失感を経験した人は、これ以上何も失いたくないという気持ちがきっかけで、依存症となりゴミを溜めるケースも考えられます。

心理4.ストレスが強く片付ける気力がない

強いストレスを受けたことによる心理の変化がきっかけで、ゴミを片付ける気力を持てずにゴミ屋敷となる可能性があります。

e-ヘルスネット|厚生労働省では、自分の身の回りのこと(衛生面や食事など)に一切興味がなくなってしまうことを、セルフ・ネグレクトと呼ぶことがあると書かれています。

もし、無気力な状態が続き、ゴミを捨てることで衛生面を保つという行為を顧みないことで、ゴミ屋敷化してしまっているというならセルフ・ネグレクトの可能性は捨てきれなくなるでしょう。

こうした、ストレスにより心身の調子を崩してしまったことで起きる心理で、ゴミ屋敷化してしまうとも考えられるのです。

心理5.汚いものを触るのが嫌

汚いものを触るのが嫌

片付けが極端に嫌いな人は、どれだけ家が汚れていても放置してしまいます。

例えば、以下のような人だと片付けに苦手意識を持っていることが多いです。

  1. 汚いものを触ることが嫌だ
  2. 掃除がとにかく嫌いだ
  3. ものを整理するのが苦痛だ

一人暮らしの場合、代わりに掃除をしてくれる人もいないのでゴミはどんどん溜まっていきます。

そして、溜まったゴミを見てさらに片付けの気力を失い、ゴミを放置するという毎日が繰り返されゴミ屋敷ができるという流れが完成してしまうわけです。

とにかく片付けをするのを嫌がる人は、本人や家族と相談し、清掃業者に依頼することを考えましょう。

心理6.人の手を借りたくない

人の手を借りたくないという真面目なタイプの人が、心理的に人に頼れずゴミ屋敷を作るケースも考えられます。

例えば、以下のようなことはないでしょうか。

  • 人の手をわずらわせるのは苦手と考える
  • 全て自分でやらなければ申し訳ないと考える

こうした心理により、自身では改善できない状態であっても、ゴミを溜めてしまうのです。

時間と体力さえあればしっかり自分で掃除ができますが、仕事などで十分な時間が取れない場合、ゴミがどんどん溜まっていきゴミ屋敷につながってしまったというケースもあるでしょう。

人の手を借りるのに罪悪感を感じている人は一度しっかりと話し合い、業者に依頼するなど前向きなアクションを勧めることが必要になります。

ここまでお話した内容の通り、ゴミ屋敷ができてしまう原因は人それぞれです。

近所に住むゴミ屋敷の住民がどんな気持ちでゴミを溜めているのか聞き、心理に合った対処を行いましょう。

2.ゴミ屋敷に住む人の心理や特徴を考えてみよう

ゴミ屋敷に住む人の心理や特徴を考えてみよう

 

ここまでお話したよくあるケースを含め、ゴミ屋敷に住む人の心理や特徴を見てみると、意外に当てはまりそうな項目があることに気づけたのではないでしょうか。

次は、意外に身近な心理や特徴として例に挙げられる以下の6つを考えてみてください。

ゴミ屋敷に住む人の心理や特徴6つ

  1. 買い物が好き
  2. 孤独を感じる
  3. 仕事が多忙
  4. ものを大切にしすぎる
  5. 認知能力が低下している
  6. 体力が落ちている

買い物への依存性が高まる前に、買い物が好きだったという人は意外に当てはまりやすいです。

また、依存症のきっかけともなる孤独感も1つの特徴と考えられます。

単純に、仕事に追われて片付ける気力を失い、いつの間にか部屋がゴミ屋敷となってしまっていたというケースも捨てきれないでしょう。

他にも、ものを大切にする心理や、加齢による認知能力の低下によってゴミとして捉えられないことも特徴に当てはまるかもしれません。

さらには、体力の低下により単純にゴミを捨てられないということで、ゴミ屋敷を作ってしまうことも。

こうした心理や特徴によってゴミ屋敷化することが考えられるため、心理状態を含めて対策をしていく必要があるといえるわけです。

3.ゴミ屋敷につながる心理状態を変える方法

ゴミ屋敷につながる心理状態を変える方法

ゴミ屋敷に住んでいる人が、自力で今の心理状態を変えるのは非常に難しいです。

一人暮らしの場合、指摘をする人が誰もいない状態に陥りがちなので住民の気持ちを変えるのはさらに厳しいでしょう。

しかし住民の家族や、他の近隣住民などと連携して、心理状態を変えるきっかけを与えることは可能です。

ゴミ屋敷の住民に怒りをぶつけるのではなく、以下のような方法で相手を理解し、ゴミを捨てることの大切さを感じてもらいましょう。

ゴミ屋敷の住民の心理を変えるには

  1. 自治体と協力して住民の話を聞く
  2. キレイな部屋に住んでもらう
  3. ゴミを捨てる場所を明確にする

それぞれ詳しく確認していきましょう。

方法1.自治体と協力して住民の話を聞く

ゴミ屋敷に住む人の心理を知るため、まずは住民の話を冷静に聞ける場を設けることが大切です。

住民と直接話せそうな状態であれば、最近の事情を聞いたり、悩みを聞くこともできるでしょう。

しかし、住民が話し合いを拒否する場合や、話を直接聞く時間がない場合は、自治体に相談してください。

ゴミ屋敷条例のない自治体であっても、市民からの相談を受けてゴミ屋敷の住民と話すことはできます。

一緒に立ち会うことも場合によっては可能なので、自治体の人の力を借りて今後どう対処すべきか一緒に話し合いましょう。

方法2.キレイな部屋に住んでもらう

ゴミ屋敷の住民やその家族とある程度話ができそうな場合、しばらく綺麗な部屋で過ごしてもらうのが効果的です。

ホテルなど清潔で整った空間にいてもらえれば、ゴミのない暮らしの快適さを感じてくれるでしょう。

また、ゴミ屋敷の住民が家族の場合は、整頓された自分の家に招待するのもおすすめです。

ゴミ屋敷の住民は、ゴミだらけの生活に慣れていしまい片付けをしようという気力を失っている可能性があります。

ゴミのない生活を体験してもらい、今の自分の家を客観的に見るきっかけを作ってみてください。

方法3.ゴミを捨てる場所を明確にする

ゴミ屋敷に慣れてしまうと、ゴミを捨てる習慣がなくなってしまいます。

そのため、ゴミを捨てられず不要なものをそこら中に放置してしまいがちです。

片付けに賛成していない住民が相手でも、ゴミ捨て場を決めれば明らかに不要なものを捨てるようになる可能性は高いでしょう。

ゴミを捨てる場所がすぐわかるよう、大きなゴミ箱を置くのが効果的です。

部屋のわかりやすい場所にゴミ箱を置けば、自然と必要なもの、不要なものを判断する能力が養われます

ゴミを出す習慣が付けば、部屋の中のものは自然と減っていくでしょう。

4.ゴミ屋敷の清掃は清掃業者へ

ゴミ屋敷の住民が片付けに賛成してくれたなら、片付けを清掃業者に依頼できることを伝えてあげましょう。

住民が片付けに前向きになったと言っても、長年溜めたゴミを完璧に片付けるのは非常に難しいです

片付けの途中で挫折してしまう可能性もあるため、費用はかかりますが片付けはゴミ屋敷の清掃を行う業者に任せる方法が安全性の面でも選びやすいです。

もし、業者選びに不安を感じている・どこが良いのか決められないということなら、ブルークリーンへご依頼ください。

ブルークリーン

ブルークリーンはゴミ屋敷の清掃実績を数多く持ち、最短即日対応も受け付けています。

全く片付けができていない状態でも、ご相談いただいた内容に合わせて適切なプランや内容を提案いたします。

ぜひ、まずは無料のお見積りからお声がけください。

ゴミを片付けて、ゴミ屋敷に住む住民も、近隣住民も健康な暮らしを送れるようにしましょう。

まとめ

ゴミ屋敷に住む人の心理を知れば、その人に適した解決策を探せる可能性が高くなります。

住民と家族でない場合、直接住民に対してできることは少ないです。

しかし各自治体にはゴミ屋敷問題などに関して相談できる窓口があるので、住民との話し合いが上手く行かない場合はまず相談してください

そして、自治体の職員などと連携しつつ住民との話し合いを進め、原因となっている心理を探ってみましょう。

関連:[ゴミを分別しないで捨てる3つの方法!最もお得な選択肢は?]