特殊清掃Plus一覧

ゴミ屋敷になってしまう原因とは?7つの原因と対処法

カテゴリー:ゴミ屋敷

どうして家がゴミ屋敷になってしまうんだろう

ゴミ屋敷の原因を解決したい

とお悩みの方は少なくありません。

時間的な都合や病気により、どんな人でもゴミ屋敷を作ってしまう可能性はあるのでまずは原因を知ることが大切です。

この記事では、ゴミ屋敷の原因やゴミ屋敷を放置することによる命やお金のリスクなどを解説していきます。

ゴミ屋敷の原因を解消する方法もご紹介するので、この記事を読み、再び綺麗で清潔な家を取り戻しましょう。

1.ゴミ屋敷ができてしまう原因

ゴミ屋敷になるきっかけは、誰にでも起こりうるものだと言えます。

環境の変化によりゴミ屋敷の原因が新たに発生することも多く、他人事だと考えるのは非常に高リスクです。

ゴミ屋敷ができてしまう具体的な原因は、以下のようなものです。

自分に適した方法で片付けを進めるため、まずは自分の家がゴミ屋敷になった原因を探ってみましょう。

ゴミ屋敷の原因

  1. 買ってくるものが多い
  2. ものを捨てることに抵抗がある
  3. 片付けをする時間がない
  4. 生活が不規則でゴミを出せない
  5. 指摘をしてくれる人がいない
  6. 高齢になり認知能力が落ちている
  7. 片付けが難しい病気である

それぞれ詳しく説明しますね。

原因1.買ってくるものが多い

必要以上にものを買う状態が続けば、当然部屋にものが増えて片付けられなくなります。

特に買い物依存症の人は、家の収納を意識した買い物ができないので、部屋の許容量を超えてものを買うこともあります

持っているものが全て重要であれば、引越しをするか収納を増やすことでゴミ屋敷が解決する可能性もあるでしょう。

しかし、使わないものがある場合には一度必要なものと不要なものを整理し、ゴミ屋敷となった部屋を片付ける必要があります。

原因2.ものを捨てることに抵抗がある

ものを捨てることに抵抗のある人は、ものを溜め込んでしまいがちです。

戦後、もののない時代を経験した世代は捨てることに抵抗を持つ方が多く、ゴミ屋敷に繋がりやすいと言われています。

数年は着ていない服がいくつもある、賞味期限切れの食べ物が保管されている、という場合は気を付けたほうが良いでしょう。

もちろん、使えるものを最後までしっかり使うことは大切なことだと言えます。

しかし、いつか使うかもしれない、とものを溜めて生活スペースが無くなってしまえば本末転倒です。

もったいない精神は重要ですが、家の収納で対処しきれないものは処分を検討しなければいけません。

原因3.片付けをする時間がない

毎日残業続きで休日が少なく、片付けに時間が取れなければゴミは当然家に溜まります。

片付けや掃除をするには、どうしても家事に使う時間が必要です。

しかし、忙しさのあまり平日も休日も片付けの時間が取れないと、家はどんどん荒れていきます

時間がなく片付けできない人は、コンビニ弁当の空箱などが積み上がりゴミ屋敷を作ってしまう可能性が高いです。

原因4.生活が不規則でゴミを出せない

夜勤などでゴミ出しの時間に起きられない人は、ゴミを出せず、部屋がゴミ袋でいっぱいになってしまいます。

24時間ゴミを出せるマンションなら問題ありませんが、夜勤などがある人にとって毎日8時ごろに起き出すのは一苦労です。

ゴミ出しができない状態が続けば、自然と家にゴミがたまり悪臭や害虫などが発生する要因になるでしょう。

原因5.指摘をしてくれる人がいない

部屋がゴミ屋敷化していると指摘されない日々が続けば、自分を客観視できなくなり片付けが難しくなります。

会社でも友人がいない、近所の人もほとんど知らない、という状況では、誰も部屋が汚いことを指摘してくれません。

また、誰も家に訪れず、誰とも会わない生活が続くと孤独感からゴミを溜め込んでしまうこともあります。

原因6.高齢になり認知能力が落ちている

高齢になると物事を判断する認知能力が落ちてしまい、ゴミを片付けるのが難しくなる人もいます。

認知能力が落ちると、捨てるべきものと残しておくべきものの区別を付けるのが難しくなりゴミを捨てる判断ができません

特に高齢者の場合、認知症など認知能力に関する病気が原因になっている可能性は高いです。

また、高齢者の方は体力が落ちているため、家を一人で掃除してゴミの分別をするのが難しいケースもあります。

原因7.片付けが難しい病気である

ゴミ屋敷の原因には、うつ病や統合失調症、強迫性障害など心理的な病が関係していることもあります

また、ものを何でもためこんでしまう「ためこみ症」という病気もあり、自力で片付けるのが困難になっている場合も多いです。

さらに、ADHDなど発達障害の症状がゴミ屋敷に関係していることもあります。

心理的に落ち込んだ状態にある場合、もともとADHDなど発達障害の傾向がある場合は、医療機関への相談が必須です。

以上が、ゴミ屋敷の主な原因7つでした。

ゴミ屋敷の原因には病気や認知能力の低下、時間的な問題などがあり本人だけで解決するのが難しいケースがほとんどです。

しかし、ゴミ屋敷を解消しなければさらなる悪影響が出てしまう可能性も少なくありません。

次は片付けの決心をつけられない方向けに、ゴミ屋敷を放置する危険について解説します。

ゴミ屋敷をなんとかしたい、という方はぜひ読んでみてください。

2.ゴミ屋敷を放置することの悪影響は?

ゴミ屋敷を放置して良いか悩んでいる方は、ゴミ屋敷の危険性とその理由をしっかりチェックしてください。

ゴミ屋敷を片付けるのは大きな手間なので、このままでいいやと考えている方もいるでしょう。

しかし、放置すると命や健康、人間関係に悪影響が及び生活が困難になることも少なくありません。

ゴミ屋敷の原因を解消せず、そのまま放置しておくと以下のような危険があります。

ゴミ屋敷放置のリスク

  1. 火事の原因になりやすい
  2. 病気の原因になりやすい
  3. ゴミ屋敷条例の対象になってしまう

ここからは、それぞれの内容を詳しく解説します。

リスク1.火事の原因になりやすい

ゴミ屋敷を放置すると、火の不始末から一気に大規模な火事になってしまう可能性があります。

寝タバコやガス火の消し忘れなど、日常生活を送る中でも火事のリスクは常にあるのはもちろんです。

しかしゴミ屋敷だと、ゴミに火が燃え移りやすく隣家にまで広がる火事になるリスクが高まります

火事になれば最悪命に関わるケースもあり、実際にゴミ屋敷からの出火で亡くなった方もいます。

さらに、火が辺の住宅へ延焼すると、数百万円を超える損害賠償金を支払う必要も出るでしょう。

命とお金を失わないために、ゴミ屋敷の火災リスクをしっかり把握しておいてください。

リスク2.病気の原因になりやすい

悪臭や害虫が発生しているゴミ屋敷に住み続けると、健康に悪影響が出てしまいます。

特に怖いのが、不衛生な環境で食事をすることで起こる食中毒です。

特に一人暮らしの場合、家で倒れても助けが呼べないので命に関わる危険があると言えるでしょう

また、毎日悪臭の中でほこりを吸い続けることで、気管支肺アスペルギルス症、クリプトコッカス症などウイルス性の感染症にかかる恐れもあります。

これからも健康な毎日を過ごしたいなら、ゴミ屋敷は早急に解決すべき問題だと言えるでしょう。

リスク3.ゴミ屋敷条例の対象になってしまう

ゴミ屋敷の状態が悪く、近隣住民にまで迷惑がかかっていると行政処分の対象になる可能性もあります。

昨今、各自治体ではいわゆるゴミ屋敷条例が制定され、行政からの指導を聞かない場合、ゴミの強制撤去が行われるケースも増えてきました

近隣住民とトラブルになった末、行政の処分があるとなると仕事にも悪影響が出かねません。

これ以上ゴミ屋敷が悪化する前に、自分で片付けを始めたほうが良いでしょう。

以上が、ゴミ屋敷の放置により起こるリスクでした。

ゴミ屋敷はどんどん悪化するため、最悪の自体を避けるためにも早く片付けに向けて動き出しましょう。

次は、ゴミ屋敷の原因を解消し片付けを進める方法について解説していきます。

3.ゴミ屋敷の原因を解消する方法

ゴミ屋敷を放置することで起こるリスクを脱するには、早く、前向きに動き始めなければいけません。

ゴミ屋敷解決の方法として最も効果的なのは、ゴミを片付けることです。

しかし、全て自力で完璧に片付けようとすると、体力も時間も削られうまく行かないケースが多くあります。

ゴミ屋敷を綺麗にするには、以下のような方法が効果的です。

ゴミ屋敷の解消方法

  1. 身近な人と一緒に片付ける
  2. 引っ越しをしてみる
  3. 専門業者に相談する

それぞれの方法のポイントをチェックして自分に合うものを選びましょう。

方法1.身近な人と一緒に片付ける

身近な人と掃除をしてみるというのはとても効果的です。

例えば、以下のような状態であればすぐに片付けることができるはずです。

  1. まだ床が見えている
  2. 弁当の空き箱など軽いゴミが多い
  3. 自分で片付けができそうだけど面倒

自分一人でやると、どうしても中だるみが起こってしまったり、体力的に片付けを終えるまでかなりの時間がかかってしまいます。

そのため、友人や家族など、信頼できる人と一緒に一気に片付けを進めるのがポイントです。

片付けの際には、弁当の空箱など捨てるか残すか判断するのが簡単なものから片付けていくと良いでしょう。

方法2.引越しをしてみる

心機一転、新しい部屋で暮らしたいと感じているなら引越しをして環境を変えてみましょう

ゴミ屋敷のまま引越しはできないので引越しを決断すれば、自然と片付けに対して前向きな気持ちになります。

ゴミ屋敷から引っ越しをするには、まず不用品を捨て、残すものをダンボールに詰める作業が必要です。

先に次の部屋と引越しの日程を決めておくことで、「○日までには掃除をしないと」と考えるので、引越しの日までに業者に依頼し片付けをしておきましょう。

方法3.専門業者に相談する

病気などがゴミ屋敷の原因になっている可能性がある場合、まずは専門家に相談し対処法を聞くことが大切です。

特に精神的な病気の場合、このままゴミ屋敷に住み続けて孤立することでさらに症状が悪化する可能性もあります。

つねにネガティブな気分になっている、強いストレスを感じるという場合は、軽い症状でもまずは精神科や心療内科に行ってみてください

4.自分で片付けられない時は清掃業者へ

ゴミ屋敷化がかなり進むと、自分や家族だけで解決するのは難しくなります。

片付けに前向きな気持になったら、清掃者に依頼して片付けてもらうことも検討した方が良いでしょう

一度専門の業者に綺麗にしてもらうことで、自分の部屋を見直すこともできます。

また、業者に頼みハウスクリーニングまでしっかり済ませておくと、後の暮らしが良くなるでしょう。

ゴミ屋敷の清掃を行う業者は数多くありますが、関東圏の方はぜひブルークリーンにご相談ください。

ブルークリーンブルークリーンは立ち会い不要の見積もりも可能なので、平日も休日も忙しいという方にぴったりの清掃業者です。

その場で不用品の買取を行い、清掃費用を値引くことも可能なので、まだ使えるものがある方は買取もぜひご依頼ください。

まとめ

ゴミ屋敷の原因は人それぞれですが、どんな原因があっても、ものが大量にある状態は危険です。

そのため、まずは自分の生活習慣を見直しできる範囲で片付けをしてみましょう。

もしゴミ屋敷の状態が悪く、自分と親しい人たちで片付けるのが難しい場合は業者への依頼を検討してください

また、病気などが原因の場合、心理カウンセラーや精神科医などの専門家に相談することも時には必要です。

ぜひゴミ屋敷の解消に向けて、前向きな一歩を踏み出してください。

カテゴリーを絞り込む