電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Owned 特殊清掃Plus

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実

カテゴリー:

女なのにゴミだらけの部屋にしてしまって..。私って本当にだらしないな..。

こんな風に悩んでいませんか?

ゴミ屋敷にしてしまったことに後悔があるとしたら、今すぐに掃除をするべきです。

もちろん、汚くなってしまった部屋を掃除をすることがどれだけ難しいことかも、分かります。

でも、変われる最後のチャンスが今かもしれませんよ。

今回は、「ゴミ屋敷から脱出してやる!」と強く望む女性のために、

  • どうしてゴミ屋敷にしてしまう女性が多いか
  • ゴミ屋敷に住み続けるとどんな弊害があるのか
  • ゴミ屋敷から抜け出す方法

を解説していきます。

ゴミ屋敷から、帰るのが楽しみになるような家にしていきましょう!

それではさっそく見ていきます。

1.ゴミ屋敷は男性より女性に多い??

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実

実は、ゴミ屋敷の住人は、男性よりも女性の方が多いというのはご存知ですか?

実際に、ある業者の話では、依頼者の7割は女性だそうです。

ゴミ屋敷にしてしまう女性と聞くと、だらしない無職の女性を想像するかもしれませんが、普段は一生懸命働く看護師や真面目な女性が多いんだとか。

決して、ゴミ屋敷にしてしまう女性がおかしい訳ではないのです。

では、どんな女性がゴミ屋敷にしてしまうのでしょうか。

2.部屋をゴミ屋敷にしてしまう女性の3つの特徴

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実2

部屋をゴミ屋敷にしてしまう女性の特徴として、次の3つが挙げられます。

部屋をゴミ屋敷にしてしまう女性の特徴

  • ものを大事にする
  • 仕事が忙しすぎる
  • ストレスを溜め込みやすい

それぞれ具体的に解説していきます。

(1)ものを大事にする

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実

ゴミ屋敷にしてしまう女性に多いのが、ものを大事にする人です。

ものを大事にするのは素晴らしいことですが、家をゴミ屋敷にしてしまう可能性が高いんです。

どんなモノに対しても、「まだ使えるときがあるんじゃないか」と考えてなかなか捨てられない人が多いです。

どんどんモノを溜め込んでいってしまい、ゴミ屋敷になってしまいます。

(2)仕事が忙しすぎる

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実4

仕事が忙しすぎて生活リズムを崩してしまっている人も、家をゴミ屋敷にしてしまいがちです。

朝から晩まで働いて、帰って食べるのはコンビニ弁当。

次の日も朝早くから出勤。

このような生活リズムでゴミを整理する暇がなく、結果として家をゴミ屋敷にしてしまう事例が多いようです。

(3)ストレスを溜め込みやすい

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実5

家をゴミ屋敷にしてしまいがちな女性の特徴3つ目は、ストレスを溜め込んでしまうことです。

仕事が大変だったり、人間関係に悩みがある女性は、 買い物が多くなって必要以上にものが増える傾向にあります。

その結果、モノを溜め込んでしまって家をゴミ屋敷にしてしまいます。

ゴミ屋敷にしてしまう女性の特徴を見てきましたが、これらに当てはまる女性も多いはず。

ゴミ屋敷にしてしまうことは仕方ないことですが、ゴミ屋敷のまま放置しておくことは、絶対に良くないことです。

ここからは、女性がゴミ屋敷に住む弊害について解説していきます。

3.女性がゴミ屋敷に住む弊害とは

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実6

家をゴミ屋敷にしてしまうと大きな弊害があります。

ゴミ屋敷による3つの弊害

  1. 悪臭
  2. 害虫の発生
  3. 火災のリスク

以下で詳しく解説していきます。

(1)悪臭

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実

空き弁当やお菓子の袋など、臭いを発するゴミを蓄積すると、悪臭が発生してしまいます。

ゴミ屋敷の悪臭問題で本当に怖いことは、『自分が悪臭に慣れてしまうこと』です。

気をつけていても、自分の衣服やカバンに臭いがついている可能性がありますが、そのことに自分が気づかず、友人や同僚に不快な思いをさせているかもしれません

もちろん、隣の家からも苦情がきたり、近所付き合いも難しくなります。

すぐにゴミ屋敷を片付けるのが難しい場合には、自分の服やカバンにはファブリーズなどの消臭剤をつけておきましょう

(2)害虫の発生

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実

先程と同様、空き弁当やお菓子の袋などを溜め込んでしまうとゴキブリなどの害虫が発生してしまいます。

「まだ害虫は見当たらないから大丈夫」と思っているそこのあなた!

今はいないと思っていても、春から夏にかけての季節の変わり目に、害虫が繁殖してしまうケースは多いんです。

言うまでもなく、害虫の発生している家に住み続けることは衛生上よくありません。

害虫駆除用のスプレーは今すぐにでも準備しておきましょう。

(3)火災のリスク

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実9

ゴミ屋敷では、火災のリスクも伴います。

ゴミに埋もれたライターなどの発火物が、何かの衝撃で火を起こしてしまうことも珍しくありません。

実際に、愛知県豊田市で2015年8月25人日の夜、ゴミ屋敷から出火し両隣の住宅までが全半焼する火災がありました。

ゴミ屋敷は、可燃性のものが多く存在しているため、火事の起きやすい環境であり、危険な状態と言えます。

たとえゴミ屋敷になってしまったとしても、ライターなどの発火物はしっかり管理しておきましょう。

4.女性こそすぐにゴミ屋敷を脱出してほしい

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実10

ここからは筆者個人の意見になりますが、女性こそいち早くゴミ屋敷を卒業して欲しいです。

先ほどお話したように、ゴミ屋敷に住み続けることにはさまざまな弊害があります。

こういった弊害に加えて、自分の家がゴミ屋敷になっていることが自分自身を苦しめているケースが多く見られます

「私ってだらしないのかな…」

「こんな自分では誰も愛してくれない..」

と、自分のことに自信が持てない女性が多いです。

そんな女性に対して、私個人が言いたいことは、「とにかく早くゴミ屋敷を片付けて欲しい!」ということ。

ゴミ屋敷を片付けることで、身体も心も健康になれるので、すぐに動いて欲しいです。

ただし、自分だけで片付けるのは大変なのは分かります。

そんな場合は、恥ずかしいかもしれないですが、家族や友人に頼んですぐにでも片付けてください

どうしても頼れる人がいない場合は、清掃業者に依頼する方法もあります。

5.女性向けのオススメ清掃業者はブルークリーン!

ブルークリーン

ブルークリーンは、LINEで気軽に相談できるので、安心して依頼できる会社です。

はじめて業者に依頼する人は、

「金額はどれくらいかな?」

「かなり汚い状態だけど、大丈夫かな?」

と心配ごとも多いはずです。

また、女性なら男性に見られたくないという気持ちを少しでも持ったことがあるでしょう。

こうした不安や疑問は、お気軽に見積もりのときにお話ください

LINEで気軽に相談に乗りますので、ぜひ活用しましょう。

ちなみに、ブルークリーンはYoutubeチャンネルを運営しています。

会社情報 ブルークリーン株式会社
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・栃木
問い合わせ先 公式サイト

まとめ

【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実12

あなたと同じように、ゴミ屋敷に悩んでいる女性はたくさんいます

しかし、ゴミ屋敷は放っておくと、悪臭や害虫が発生して取り返しのつかないことになっていきます。

ゴミ屋敷を片付けることで、身体も心も健康になれるので、すぐに動きましょう!