電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

強烈な生ゴミ臭が発生した1人暮らしのゴミ屋敷、実際の作業内容と流れを解説【施工事例】

カテゴリー:

1.ゴミ屋敷整理の依頼背景は?

今回のお客様は現場となる予定の部屋に住んでいるご本人様で、当社の公式LINEからお問い合わせいただきました。

聞くところによるとご自宅が物やゴミで溢れてしまい生活するスペースが無くなってしまった為、現在は友人の家に居候して生活しているそうですが近いうちに引越しを検討していることから退去に伴う片付けを依頼できる業者を探していたそうです。

詳しい状況やお見積りに必要な情報を公式LINE上でやり取りさせていただき、現地調査にお伺いすることになりました。

2.部屋の状態は?現場の状況について

現地調査当日、私たちはお客様と建物の下で合流して一緒に部屋に入ることになりました。

お客様に案内されて玄関を開けた瞬間に強烈な生ごみ臭が鼻をつき大量の害虫が発生していることがすぐに分かりました。

さらに玄関から居室の奥に進むにつれてペットボトルやコンビニゴミの標高が高くなっており、足元の安全を確保しながら慎重に現地調査を開始しました。

お客様から「清掃して綺麗になる物は新しい家に持っていきたい」とご要望があった為 ゴミの中に埋めれている大きな家財道具や衣服、貴重品などを細かくチェックしていきました。

また、作業はなるべく周囲にバレずに完了させたいと仰っていた為、速やかに終えるための工程を考える必要がありました。

関連:[【ゴミ屋敷に住む女性へ】いますぐ変わりたいなら知っておくべき真実]

3.特殊清掃と片付けの内容について

現地調査の結果、今回は次の作業をお客様へ提案いたしました。

・不要物の仕分け

・残置物の撤去

・貴重品の捜索

・生ごみの中身出し

・簡易清掃

後日、お客様からこれらの作業を実施したいとご連絡をいただいた為、すぐに作業の段取りを組むことになりました。

山のように積み上がったゴミをひたすら仕分けながら袋に入れる作業を永遠と繰り返す工程でしたが、家財道具や貴重品を残す必要があった為それらの物に細心の注意を払いながら作業を進めていき、無事に完工いたしました。

4.まとめ

今回の現場はお客様の都合により1日で完工する必要がありましたが、ゴミの量が当初想定したよりも遥かに多く効率よく作業を行わなければなりませんでした。

作業スピードを上げることも大切でしたが、雑な作業にならないように現場管理者がきちんと監督をしたことが功を奏して無事に完了することが出来たことがポイントです。

関連:[予算に限りがあるゴミ屋敷の現場、作業までの流れと内容を解説【施工事例】]

before
after
間取り 1K
作業時間 8時間
作業人数 6名
作業費用 330,000円