電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Owned 特殊清掃Plus

実家のゴミ屋敷を何とかしたい!説得のコツと片付けのポイント

カテゴリー:

「実家がゴミ屋敷化していて親が心配」

「実家に結婚相手を連れていきたいのにゴミ屋敷で困っている」

そうしたお悩みを抱えている人は少なくありません。

実家のゴミ屋敷を放置すると、親の孤独感が強まったり、転倒事故、火災などの危険もあります。

ゴミ屋敷になってしまった実家を少しでも早く片付けるには、どのような流れで行えば良いのでしょうか。

この記事では、片付けの流れに加え実家がゴミ屋敷化する原因、親を片付けに対し前向きにさせる方法まで解説していきます。

実家を綺麗にして、親と自分の生活をもっと明るいものにしましょう。

1.ゴミ屋敷の実家を放置するのは危険

ゴミ屋敷の実家を放置するのは危険

ゴミ屋敷となっている実家をそのまま放置すると、最悪命に関わるケースも少なくありません。

具体的なリスクの内容としては、以下のようなものがあります。

ゴミ屋敷放置のリスク

  1. 火災リスクの高まり
  2. 健康への悪影響
  3. さらなる孤立

ゴミや家の外にまで出ているなら、放火される危険も高まります。

また、ストーブやタバコの火がゴミに引火し、一気に燃え広がってしまうことも少なくありません。

さらに、ゴミ屋敷に住み続けていると、悪臭や害虫が発生し体調を崩す可能性が高くなります。

親が実家で一人暮らしをしていると、もし倒れても気づけず孤独死に至る可能性もあるでしょう。

実家がゴミ屋敷の状態では近所の人はもちろん、子供や孫、結婚相手も実家に呼ぶことができません。

「実家に帰りたくない」という気持ちが続くと、親子間の関係が悪くなりさらなる孤立を招くケースは多いでしょう。

親の健康、親戚や近所の人の安心を考えるなら、少しでも早く実家のゴミ屋敷に対処すべきです。

▼関連記事
[ゴミ屋敷は火事になる危険が高い!家財とお金を失う前にすべき対処法]
[ゴミ屋敷は病気が原因?可能性のある病気と対処法を解説]

2.実家がゴミ屋敷!片付けるには?

実家がゴミ屋敷!片付けるには?

実家のゴミ屋敷を片付けるには、専門業者に依頼しなければいけません

もし、部屋がさほど荒れていない場合なら時間をかけて自分と親で片付けることもできます。

しかし、高齢の親には数日間元気に片付けできる体力がないことが多く、ゴミ屋敷化が進むと自力での清掃は困難です。

特に、実家がゴミ屋敷になってしまう家には一人暮らしの人が多く、高齢の親に一人で片づけるのは難しいと言えるでしょう。

ゴミ屋敷となっている実家を業者に頼んで片付けてもらうまでの大まかな流れは、以下の通りです。

実家のゴミ屋敷清掃の流れ

  1. 親に事情を聞いてゴミ屋敷となった原因を探る
  2. 親を説得して片付けに賛成してもらう
  3. 業者に依頼をしてゴミ屋敷を片付ける

この流れに合わせて、実家のゴミ屋敷を少しでも早く片付け、親と自分の健康を取り戻しましょう。

3.実家がゴミ屋敷になる原因

実家がゴミ屋敷になる原因

高齢の親が住む実家がなかなか片付かず、悩んでいる人は少なくありません。

しかしゴミ屋敷となった原因を知らず無理やり片付けを進めてしまうと、親とトラブルになりさらに親が孤立化する危険があります。

実家がゴミ屋敷になる原因として多いのは、以下の通りです。

実家がゴミ屋敷化する原因

  1. 孤独感が強い
  2. ものを捨てられない性格である
  3. 体力が落ちていて片付けられない
  4. 判断能力が落ちている

まずは親の事情や性格、原因を知ることで歩み寄ってみましょう。

そこから、どうやって片付けを進めれば良いか親と一緒に考えてみてください。

原因1.孤独感が強い

孤独感が強い

広い家に一人で住んでいる孤独感から、必要のないものまで集めてしまいゴミ屋敷化するケースは多いです。

両親のうちどちらかが亡くなるなどして、高齢の親が一人暮らしせざるを得ない状況になるのが避けられないこともあるでしょう。

しかし、残された親の孤独感があまりに強いと、心のスキマを埋めるために必要のないものを捨てられなくなります

このように、別の何かに依存することは、脳のドーパミンと呼ばれる快楽物質が関係しています。(※)

ドーパミンによる快楽が得られることで、モノを集めるという行動が繰り返されるケースが考えられるためです。

もし最近、親と長く顔を合わせていない、電話もしていないという状況が続いているなら、それが孤独感の原因になっているかもしれません。

依存症対策|厚生労働省

原因2.ものを貯め込みやすい性格である

ものを捨てられないもともと実家にゴミが多かった場合、親がものを溜め込みやすい性格であった可能性があります。

昭和世代で生まれ育った親は、ものの無い時代を経験しているケースがあります。

そのため、ものは何でも残すべきだという価値観を持っている人が多いです。

その価値観から、子供から見れば明らかに必要の無いものでも

もしかしたらいつか使えるかも

と考えてものを捨てられなくなります。

どのような性格なのかと聞かれて、すぐに答えられないなら話し合いの場を作ってみるのも良いでしょう。

原因3.体力が落ちていて片付けられない

体力が落ちているもともと片付けが得意だった親でも、高齢になり体力が落ちると片付けが億劫になり部屋が散らかってしまうこともあります。

親が一人暮らししている部屋がワンルームなど小さめならまだ片付けの手間は少ないです。

しかし、一軒家を一人で掃除するのはどれだけ若い人であっても大変なことだと言えるでしょう。

もともと片付けが苦手な親なら、体力が落ちることでますます片付けを避けるようになります。

片付けられないのは性格がルーズなせい、と考えて親を非難する人は少なくありません。

ですが50代、60代以降の体力の衰えも考慮に入れて親を気遣うことが大切です。

そうすることで、孤独感を感じにくくなり前向きに片付けを検討してもらえることもあるでしょう。

原因4.判断能力が落ちている

判断能力が落ちている

高齢の親の場合、認知症の症状が始まっていることが原因で片付けるべきもの、残すものの判断が付かなくなっている可能性もあるでしょう。(※)

認知能力が落ちてしまうと、自分で自分を客観的に見るのが難しくなります。

つまり、今の状態が悪いのか、良いのかの判断ができない可能性が高いです。

そのため、自分の家は人から見て汚いから掃除をしよう、という気持ちが湧かなくなるでしょう。

明らかにゴミと思えるものでも、捨てようとすると何をしているんだと怒鳴られることもあり片付けがスムーズに進まない可能性も考えられます。

認知症|みんなのメンタルヘルス|厚生労働省

以上が、ゴミ屋敷化する実家の原因でした。

ゴミ屋敷は本人の問題、と思われる人は少なくありませんが、病気や強い孤独感など、親本人ではどうしようもない事情でゴミ屋敷になっていることもあります

なるべく早くゴミ屋敷を片付けるべきではありますが、親が抱えている悩みや考えを尊重しつつ、片付けに前向きになってもらうことが大切です。

次は、ゴミ屋敷に住む親を片付けに対し前向きにさせるポイントを解説するので、ぜひ参考にしてください。

4.ゴミ屋敷に住む親を説得するコツ

ゴミ屋敷に住む親を説得するコツ

ゴミ屋敷となった実家の清掃で最も大変なのは、親の説得です。

意地でも物を捨てたくないと言い張る親も多く、説得までに時間がかかることも少なくありません。

しかし、親の気持ちを尊重しつつ説得すれば、少しずつですが片付けの道筋が見えてきます。

親を尊重して説得するポイント

  1. 環境に変化の起こったタイミングで説得する
  2. パーソナルスペースから遠い場所から片付ける
  3. 親を頭ごなしに否定しない

以上のコツをチェックして、ゴミ屋敷問題を解決に導きましょう。

コツ1.環境に変化の起こったタイミングで説得する

親の周りで大きな環境の変化が起こると、自分の今の生活や考え方を見直すきっかけになるので片付けに関して説得しやすくなります。

例えば、訪問介護やデイサービスを利用すると決まった場合などは、外から人が家に来ることになるので自分の家の状態を客観視するきっかけになりやすいです。

また、転んで怪我をする、害虫に刺されるなど健康面で被害が出た場合、ゴミ屋敷を何とかしたいと考えてくれる可能性が高いと言えるでしょう。

このように生活に変化が出た時に親を説得すれば、ゴミ屋敷の清掃について話を聞いてもいやすいです。

毎日親を説得しているのにうまく行かない、という場合は訪問介護やデイサービス、引越しを勧めてきっかけを作ってみましょう。

コツ2.パーソナルスペースから遠い場所から片付ける

環境の変化を起こせない人は、パーソナルスペースから遠い場所を片付けるのが効果的です。

ゴミ屋敷に住む人は家の中にあるゴミや荷物に執着していることが多くあります。

すぐに全部片付けたほうが良い」といった言葉では納得してくれないのです。

しかし、親が普段使っているエリアから遠い場所か掃除を始めれば、片付けの達成感や爽快感を得ることが可能です。

そして、一部分が綺麗になったことでそのまま家全体の片付けにも前向きになってくれる可能性が高くなります。

パーソナルスペースとしてゴミ屋敷に住む人が執着しやすいのは、リビング、台所、貴重なものが入った引き出しなどです。

実家の片付けはそれ以外の場所からするのがオススメなので、親には

外に出ているものだけでも片付けよう

玄関の靴置き場だけ綺麗にしてみない?

と部分的な掃除を提案してみましょう。

コツ3.親を頭ごなしに否定しない

何度言っても実家のゴミ屋敷が片付かないからと言って、親を頭ごなしに否定してはますます片付けを避けるようになってしまいます。

特に、片付けを進める中で親の意志を無視する以下のような発言をすると反発心からゴミ屋敷に逆戻りしてしまう可能性もあるのでしょう。

孤独感からゴミ屋敷を作ってしまっている親は少なくありません。

そのため、子供から見放される以下のような発言には、想像以上に敏感に反応する可能性が高いです。

親に言ってはいけない言葉

  1. 「なんで片付けられないの?」
  2. 「こんなものいらないに決まってる」
  3. 「忙しいんだから手間かけさせないでよ」

片付けを進める時は、親の意向を最大限尊重することを意識してください。

次は、業者に依頼をしてゴミ屋敷を清掃する際の詳しい流れについて解説します。

業者選びのポイントも解説するので、ぜひ参考にしてください。

5.業者に頼んでゴミ屋敷を清掃する流れ

業者に頼んでゴミ屋敷を清掃する流れと注意点

ゴミ屋敷を自分と親族、親だけで掃除をするにはかなりの体力と手間がかかってしまうため専門の業者に依頼しましょう。

実家のゴミ屋敷を一度しっかり整理するなら、ゴミ屋敷の清掃を請け負っている業者に頼むのが確実です。

ここからは、ゴミ屋敷清掃を業者に頼む流れや依頼後の流れ、業者を探す際の注意点について解説していきます。

親が片付けに前向きな気持ちになってくれたら、安心で丁寧な業者を選びゴミ屋敷問題を一気に解決させましょう。

ゴミ屋敷の清掃を担当する業者はプロなので、事前に「捨てないでほしい」と伝えたものを捨てることはありませんし、判断に迷った場合は必ず確認を取ってくれます

当日は作業に立ち会うだけでゴミ屋敷が綺麗になるので、業者の選定と見積もり、事前打ち合わせさえ終えれば安心して任せられるでしょう。

業者に依頼した場合の清掃の流れは、以下の通りです。

ゴミ屋敷清掃の流れ

  1. 問い合わせを行う
  2. 見積もりを出してもらう
  3. 詳細な作業内容の確認を行う
  4. 清掃作業を実行する

もし清掃の流れや準備で不安がある場合は、事前に業者に連絡をして確認しましょう。

6.ゴミ屋敷清掃を頼む際のポイント

ゴミ屋敷清掃を頼む際のポイント

ゴミ屋敷の清掃自体は、業者に任せれば問題なく完了できます。

しかし最初に良くない業者を選んでしまうと、高額な作業費用を請求されてしまう可能性も少なくありません。

安心して依頼できるゴミ屋敷清掃業者を選ぶポイントは、以下の通りです。

清掃業者を選ぶポイント

  1. 清掃にかかる料金が分かりやすい
  2. 応対が丁寧である
  3. 追加料金が勝手に発生しない

他にも、これまでゴミ屋敷清掃の実績を数多く持っているか、片付け、清掃をどこまでやってくれるかなど注目すべきポイントは数多くあります

口コミ、公式サイトをしっかりチェックしながら慎重に業者選びを進めていきましょう。

また、業者に依頼をする前に「最低限何が必要なのか」「どうしても捨てたくないものはあるか」親に確認する必要があります。

親にとって大切なものを処分してしまうと親子関係が悪くなってしまうので、本格的に片付ける前に親と話し合いの場を設けましょう。

7.実家のゴミ屋敷をどこに依頼するかお悩みの方へ

ブルークリーン

ゴミ屋敷の清掃を行う専門業者は全国各地にありますが、関東圏の方であれば明瞭な料金設定のブルークリーンをぜひご検討ください。

ブルークリーンではお客様のご要望に合わせて細かい御見積書をご用意しております。

ブルークリーンの見積もり作成サービス

  1. 現地調査から最短で当日中に提出が可能
  2. 何に「いくら」掛かるのか一目でわかる
  3. 不動産屋が驚くほどの細かい内訳明細書
  4. 部屋の原状回復まで一枚にまとめる
  5. 保険&保証会社の審査に対応している

ケーススタディを見てみると最も安い値段が「特殊清掃」で55,000円〜となっており、見積もりも事前にしっかりとご提示することが可能です。

安心して依頼できる、実績のある清掃業者なら親に不要な心配やストレスを掛けることなく実家のゴミ屋敷を解決できます。

お悩みの方は、ぜひブルークリーンの作業実績をご覧ください。お問い合わせをお待ちしております。

まとめ

ゴミ屋敷を片付けるには、親を説得して専門業者に頼むのが効率的で確実です。

自分で片付けをする場合でも家財の処分費用やゴミ出し、不用品回収業者への依頼などでお金はかかります。

そのため、少しの片付けであっても清掃をまとめてしてくれる業者に依頼するのが良いでしょう。

ただし、業者に依頼する費用を親と自分、どちらかが負担するかについては話し合いが必要です。

費用面でのトラブルを防ぐためにも、明瞭な見積もり、的確なサービスをご提供できるブルークリーンをぜひご検討ください。