マンションの隣人がゴミ屋敷!対処法や片付ける方法を解説

カテゴリー:
マンションの隣人がゴミ屋敷のときは?対処法や片付ける方法を解説

マンションの隣人の部屋がゴミ屋敷だと、どのように対応すべきか悩みますよね。

隣人とトラブルを起こさず片付けて欲しいのであれば、直接注意しないことです。

大家さんや管理会社に事情を説明し、対応してもらうのが得策でしょう。

この記事では、マンションがゴミ屋敷で起こる問題や、マンションの隣人がゴミ屋敷のときの対処法についてご紹介します。

ゴミ屋敷を片付ける方法についても解説しているため、参考にしてください。

この記事を読むことで、ゴミ屋敷が原因となっている悪臭や害虫などで困っている状態を改善できますよ。

”マンションのゴミ屋敷の清掃は私たちブルークリーンにお任せください”

ゴミ屋敷の清掃は、自力で解決するのが難しい場合があります

もし自分では片付けられないと思ったら、ブルークリーンにお問い合わせください。

見積もりは無料、電話やLINEでも相談可能です。

即日の対応を心がけていますので、ぜひお気軽にご連絡下さい。

1.マンションの隣人がゴミ屋敷のときの対処法

マンションの隣人がゴミ屋敷のときの対処法

マンションの隣人がゴミ屋敷の場合、大家さんや管理会社、マンション管理組合から指摘してもらうようにしましょう。

近隣住民が直接指摘すると、ケンカに発展する可能性があるからです。

指摘した後も解決しない場合、法律に従って強制退去させられます。

強制退去の手続きの流れは、以下のとおりです。

強制退去させる手続きの流れ

  1. 口頭や文書でゴミの処分を求める
  2. 応じなければ内容証明郵便で再度ゴミの処分を求める
  3. 内容証明郵便でも応じない場合、明け渡し訴訟をする

もちろん、強制退去の手続きは大家さんや管理会社にしてもらいます。

大家さんや管理会社から指摘をしても、変わらないようであれば強制退去の手続きをしてもらうよう要望を伝えましょう。

2.マンションのゴミ屋敷が起こす問題やトラブル

マンションがゴミ屋敷で起こる問題やトラブル

隣の部屋がゴミ屋敷で起こる問題やトラブルは、以下の4つです。

マンションがゴミ屋敷で起こる問題・トラブル

  1. 悪臭が広がる
  2. 害虫の大量発生 
  3. 火災に繋がる
  4. 近隣住民との関係悪化

マンションのゴミ屋敷を放置しておくと、自分だけでなく、近隣住民まで迷惑をかける恐れがあります

そういった事態を招かないよう、マンションのゴミ屋敷で起こる問題やトラブルを知っておきましょう。

問題1.悪臭が広がる

悪臭が広がることは、近隣住民にとってかなり迷惑な問題です。

常に悪臭を嗅ぐことになるため、近隣住民はストレスに感じます

一軒家と違って、マンションには塀や道路などの遮るものがないため、ダイレクトに悪臭が広がりやすいです。

窓を開けたりベランダに出たりできなくなり、日常生活に支障をきたす可能性も十分あります。

問題2.害虫の大量発生

マンションにゴミが溜まると、ゴキブリやハエなどの害虫が大量発生します。

また害虫は隣室にとどまらず、マンション全体に被害を与えます。

害虫の繁殖力はすさまじく、一度大量発生すると個人ではなかなか駆除しきれません。

異変に気づいたら早急に大家さんや管理会社へ対処を申し入れましょう

問題3.火災に繋がる

マンションがゴミ屋敷だと、火災に繋がる可能性が高くなります。

部屋に溜まった大量のゴミは、一度火が着くと燃え広がりやすいものばかりです。

掃除が行き届いていないゴミ屋敷では、コンセントとプラグの間にホコリが溜まっていて起こるトラッキング火災を引き起こしかねません

一室から火災が発生すると、マンションや近隣の建物が全焼する恐れもあります。

問題4.近隣住民との関係悪化

マンションの一室がゴミ屋敷だと、近隣住民との関係性が悪くなります。

悪臭や見た目の醜さから痺れを切らした近隣住民は、苛立ちながら文句を言うようになるでしょう。

その後もゴミ屋敷の住人が片付けをしないようであれば、大きなトラブルに発展しかねません

最悪の場合、ケンカにまで発展する可能性もあります。

3.一軒家よりマンションのゴミ屋敷のほうが大変な理由

一軒家よりマンションのゴミ屋敷のほうが大変な理由

じつは、一軒家よりマンションのゴミ屋敷のほうが大変なことが多いです。

その理由には、以下の3つが挙げられます。

マンションのゴミ屋敷のほうが大変な理由3つ

  1. 隣接しているから被害を受けやすい
  2. 勝手にゴミを捨てられない
  3. 強制退去させるのに時間がかかる

一軒家と比べて部屋同士の距離が近いことや、法律的な理由でマンションのゴミ屋敷のほうが大変です。

完全なゴミ屋敷になる前に、ゴミ出しの指導を大家さんや管理会社からしてもらうように手配しましょう

理由1.隣接しているから被害を受けやすい

マンションは、部屋同士が隣接しているため悪臭や害虫の被害を受けやすいです。

同じ建物なので、同じフロアや上下フロアには害虫が出やすくなり、窓を開けると悪臭が漂ってくることもあります。

一軒家と比べると、マンションのほうがダイレクトに被害を受けやすいのです。

理由2.勝手にゴミを捨てられない

マンションのゴミ屋敷のゴミは、ほかの人が勝手に捨てることができません。

なぜなら、部屋のなかの専用使用権が認められているからです。

マンションは、住人全員が使用できる「共有部分」と、住人だけが使える「専用部分」に分かれています。

専用部分には専用使用権が認められているため、勝手にほかの人が立ち入って片付けたりゴミを捨てたりできません。

また、ゴミ屋敷の住人が拒んでいるのに勝手に家に入ると、不法侵入で住居侵入罪となります。

マンションのゴミ屋敷の対処には法律が関わるので、個人で対応することは難しいです。

理由3.ゴミ屋敷化したマンションは強制退去させるのに時間がかかる

マンションのゴミ屋敷の場合、強制退去させるのに時間がかかります。

なぜなら、法律に従って訴訟する必要があるからです。

強制退去させるためには、「長い期間注意し続けた」という証拠がなければ裁判所に認めてもらえないので、根気強く注意しなければいけません。

また裁判できたとしても判決が出るまでに6ヶ月程度かかることもあり、非常に時間がかかります。

もし、ゴミ屋敷を片付けさせるために、無理やり家に押し入ったり大声を出したりすれば、次のような罪に問われる可能性があるので気をつけてください。

暴力、脅かす、大声を上げる 脅迫罪・強要罪
勝手に部屋に入る 住居侵入罪

(参考:刑法|e-Gov法令検索

訴訟して裁判所に強制退去を認めてもらうまで時間がかかるので、一軒家よりマンションのゴミ屋敷のほうが大変と言えます。

4.マンションのゴミ屋敷を片付ける方法

マンションのゴミ屋敷を片付ける方法

もしゴミ屋敷の住人と話し合いをして理解を得られたら、早急に片付けを始めましょう

悪臭や害虫といった問題をいち早く解決するためです。

マンションのゴミ屋敷を片付ける方法は、3つあります。

マンションのゴミ屋敷を片付ける3つの方法

  1. 自力で片付けてもらう
  2. 不用品回収業者に依頼する
  3. 特殊清掃業者に依頼する

それぞれの特徴を具体的に説明するので、ぜひ参考にしてください。

方法1.自力で片付けてもらう

マンションのゴミ屋敷は隣人に自力で片付けてもらうのが最もおすすめできます。

なぜなら所有権の問題や手間がかかる問題もクリアでき、一番取り組みやすいからです

ただし、ゴミ屋敷の住人のなかには精神的に疲れている人や時間・体力のない人も多く、自力での片付けは難しいかもしれません。

余裕のある人であれば、まず自力で片付けてもらうようお願いしましょう。

方法2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者には、ゴミの回収や買取、遺品整理などを依頼できます。

不用品回収業者に依頼すれば、日にちに関係なくすべての不用品を持っていってもらえます

本来、片付けで出たゴミは自治体のルールに従って資源を分類して出さなければなりません。

自治体が回収できないものも持ち出してくれるので、部屋のなかが早く片付きます。

方法3.特殊清掃業者に依頼する

ゴミ屋敷になってしばらく経つなら、異臭や害虫が発生していることも少なくありません。

特殊清掃業者は、ゴミの片付けや清掃、消臭、害虫駆除まで対応してくれて、次の入居者が住めるよう原状回復もお願いできます。

ゴミ屋敷を片付けたあともう一度住めるようきれいな環境に戻したいなら、特殊清掃業者への依頼を検討してみてください。

5.ゴミ屋敷の片付けなら私たちブルークリーンにお任せ!

ブルークリーン

マンションのゴミ屋敷の片付けなら、ブルークリーンにお任せください。

ブルークリーンは、ゴミの片付けと一緒に清掃や消臭、害虫駆除に対応しています。

2,000件以上の掃除実績と満足度97%を誇っており、多くの方に喜びの声をいただいております。

不用品の買取もしているので、費用を抑えることが可能です。

また、相談や出張見積もりは無料でお受けします。

24時間365日受付けているので、ゴミ屋敷で悩んでいるマンションの住人の方は気軽にお問い合わせください。

補足:ゴミ屋敷化したマンションは売却できる?

ゴミ屋敷化したマンションは売却できる?

マンションを所有している人は、ゴミ屋敷化したマンションを売却できるか気になりますよね。

結論から言うと、ゴミが残っている場合でも買い取ってもらえる可能性はあります

なかにはゴミ屋敷をそのまま買い取り、リフォームや解体をしてきれいな状態で販売する不動産会社も存在するのです。

ただしゴミ処理費用や解体費用を差し引いた価格になるので、売却益は通常より低くなる可能性があります。

ゴミ処理費用や解体費用に莫大な費用がかかることもあるため、売却する前にできるだけゴミ処理や片付けることをおすすめします。

まとめ

マンションの隣人がゴミ屋敷だとダイレクトに悪臭や害虫の被害を受けるため、日常をおびやかされかねません。

様子がおかしいと思っても直接指摘せず、先に大家さんや管理会社に相談しましょう。

片付ける気のある人でも自力で対処することが難しいなら、専門業者への依頼がおすすめです。

なかでも特殊清掃業者なら、悪臭除去や害虫駆除から不用品の買取まで対応してもらえます。

ブルークリーンなら24時間365日受け付けているので、マンションのゴミ屋敷にお悩みの人は気軽にお問い合わせください。

監修者 鈴木亮太(すーさん)

ブルークリーン株式会社

カスタマーサービス部所属

▶経歴
・公益社団法人日本ペストコントロール協会ペストコントロール技能師
・3,000件以上の孤独死案件に携わる

▶メディア出演
・「ABEMA 変わる報道番組 #アベプラ【公式】」ABEMA
・「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」BSスカパー
日刊SPA!
bizSPA!フレッシュ
・「Channel恐怖」Aamzon prime video