電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Owned 特殊清掃Plus

遺品整理の業者は何をしてくれるの?料金相場や業者の選び方を解説!

カテゴリー:

「遺品整理ってプロの業者に頼んだほうがいいのかな」とお悩みではありませんか。

もちろん、遺品整理は遺族だけで行うこともできます。

しかし、早く作業を終わらせたい人や遠方にお住まいの人には、遺品整理業者に依頼した方が良いかもしれません。

この記事では、遺品整理業者を利用すべき人や遺品整理業者の選び方について解説します。

気になる料金についても説明しているため、参考にしてください。

遺品整理業者について理解をすることで、よりスムーズに遺品整理を進めましょう。

1.自分でもできる?遺品整理業者とは?

遺品整理業者とは?

遺品整理業者とは、亡くなった人の部屋を片付けて原状回復するまでのサービスを提供している専門業者です。

遺品整理業者に依頼すると、以下の流れで作業をしてもらえます。

遺品整理業者に依頼した際の流れ

  1. 遺品の仕分けと整理
  2. 不用品の回収
  3. 清掃

業者によっては、不用品の買取や遺品の供養までお願いできます。

そのほか、遺品整理で必要なことをすべてお任せできる点にメリットを感じて依頼する人が多いです。

なかには、自分で作業を進めてみたものの手に負えず、作業の途中から業者を利用する人もいます

2.遺品整理業者の利用がおすすめな人

遺品整理業者の利用がおすすめな人

遺品整理業者の利用がおすすめな人は、以下の4つのケースに当てはまる人です。

遺品整理業者の利用がおすすめ

  1. 遺体やカビなどで専門家の処置が必要な人
  2. なるべく早く処置したい人
  3. 遺品の量やサイズが手に負えない人
  4. 相続に必要な書類を探したい人

これらの特徴に当てはまるなら、遺品整理業者への依頼を積極的に検討しましょう。

ここからは、それぞれの特徴について詳しく掘り下げていきます。

(1)遺体やカビなどで専門家の処置が必要な人

もし、孤独死や変死などで遺体が長く放置されたり、カビが繁殖したりする現場であれば、専門家に任せることをおすすめします。

遺体から染み出た体液に触れると感染症にかかる恐れがあり、健康上のリスクがあるためです。

たとえ亡くなった人が生前に病気にかかっていなくても、遺体が栄養物となって細菌が増殖しているので、警戒しなくてはいけません。

また、カビは喘息アトピー性皮膚炎などのアレルギーを引き起こすことがあります。

カビはアレルギー症状を悪化させるので、特に喘息持ちの人は非常に危険です。

悪臭や害虫が発生すると、近隣に住む人にまで影響を与えるので、すみやかに専門業者に相談しましょう。

(2)なるべく早く処置したい人

「遺産分割を早く始めたい」「賃貸契約を解消したい」などの理由で、なるべく早く遺品整理を終わらせたい場合も業者の利用がおすすめです。

業者に任せれば、日程と作業量に合わせて柔軟にスタッフの人数を調整してもらえます。

遺品の分別はもちろん、処分や運搬、家のなかの現状復帰まで任せられるため、遺品整理を楽に終えられるのです。

一刻も早く処置をしたい人には、遺品整理業者の利用をおすすめします。

(3)遺品の量やサイズが手に負えない人

遺品の量やサイズが遺族だけでは手に負えない場合、業者に依頼したほうがよいでしょう。

たとえば、以下のようなケースが当てはまります。

  • 家に荷物が多い
  • 食器や雑誌などが散乱している
  • 処分する遺品が多い

現場が散らかっていたり荷物が多かったりすると、遺品の仕分けにたどり着くまで膨大な時間がかかります。

また、処分する遺品や家具・家電が多いと、廃棄処分の手続きが大変です。

遺品整理業者に依頼すると、リクエストどおりに遺品が仕分けされ、処分するものは回収してもらえます

大量の遺品や大型の家具などがある場合は、遺品整理業者の利用を検討してみてください。

(4)相続に必要な書類を探したい人

相続に必要な書類を探したい場合も、業者に依頼することをおすすめします。

なぜなら、相続放棄をする場合は3ヶ月以内、相続税が発生する場合の申告は10ヶ月以内に行わなければならないからです。

相続の手続きをするためには、まず相続の対象となる財産を洗い出す必要があります。

そのため、早急に以下のような財産に関わる書類を集めなければなりません。

  • 預貯金
  • 不動産
  • 骨とう品や美術品などの資産価値を証明するもの

もし遺言書を発見した場合は、絶対に開封してはいけません。

偽造を防止するために、家庭裁判所での検認が義務付けられています。

また、故人が賃貸物件に住んでいたのなら、物件の引き渡しのための手続きも必要です。

相続手続きのサポートに対応している遺品整理業者ならば、遺品整理と相続に関する書類の捜索、部屋の清掃までを任せられます。

3.トラブル回避!遺品整理業者の選び方

トラブル回避!遺品整理業者の選び方

遺品整理業者に依頼するとき、避けたいのがトラブルです。

遺品整理で出た廃棄物を処分するのには許可が必要なのですが、中には無許可で営業しており、貴金属だけを回収する悪徳な業者もいます。

遺品整理には次のようなニーズがあり、業者によって得意分野が異なります。

遺品整理に関するニーズ

  1. 特殊清掃が必要な場合
  2. なるべく早く遺品整理したい場合
  3. 処分品の量が多い場合
  4. 遺品の買取をしてほしい場合
  5. 遺品の供養をしてほしい場合

ここからは、ニーズ別におすすめの遺品業者を見ていきましょう。

(1)特殊清掃が必要な場合

遺体があったりカビが生えていたりする場合は、特殊清掃に特化している遺品整理業者をおすすめします。自分で処理をすると、健康上のリスクがあるからです。

特殊清掃とは、変死があった現場や孤独死が起きた室内を清掃し、原状回復する業務を指します。

特殊清掃の資格は、業者選びの目安のひとつです

特殊清掃に関連する資格は、以下のものがあります。

  • 認定バイオリカバリー技術者
  • バイオハザードマスター
  • 脱臭マイスター
  • 事故現場特殊清掃士

認定バイオリカバリー技術者とバイオハザードマスターは、特殊清掃の先進国であるアメリカで発行されているライセンスです。

この資格を保有している業者は、生物学的脅威復旧協会の先駆者であるアメリカの技術的・倫理的・教育的ガイドラインを習得しているので、最先端の技術が期待できます。

(2)なるべく早く遺品整理したい場合

なるべく早く遺品整理をしたい場合は、即日依頼に対応している遺品整理業者を選びましょう

業者に問い合わせると、空き状況や作業にかかる時間、金額の目安を教えてもらえます。

また、依頼者が作業現場に立ち会えなくても遺品整理できる業者もあり、遠方に住む家族の遺品整理も可能です

事前に電話で打ち合わせし、業者へ部屋の鍵を郵送したり、管理会社から鍵を借りたりして作業へ入ります。

(3)処分品の量が多い場合

処分品の量が多いなら、リサイクル業者や廃棄物を処理する業者と提携している遺品整理業者を選びましょう。

ゴミとして処分すると料金がかさむような場合でも、遺品整理業者ならば割安で回収・買取をしています

そのため、一般家庭がゴミを捨てるよりも安価に処分できます。

業者によっては家の外への運び出しやトラックの手配、回収まで依頼することも可能です。

(4)遺品の買取を希望する場合

遺品を買い取ってくれる業者に依頼をすると、リサイクルショップやネットで売る手間が省けます。

遺品査定士が在籍していたり、鑑定士と提携していたりする業者も増えており、遺品の価値を正しく調べてもらうことが可能です。

買取分の代金は、遺品整理業者の利用料金から差し引かれます

自分で売るのが面倒に感じ、遺品整理と同時に買取してもらえることにメリットを感じられるなら、遺品買取はとても便利なサービスです。

(5)遺品の供養が必要な場合

遺品整理業者の中には、遺品を引き受け供養できる会社もあります。

遺品を捨てることに罪悪感を感じる人や、粗末に扱うことでバチやたたりが心配な人におすすめです。

遺品供養とは、一般的には遺品のお焚き上げをします

火を焚ける環境があれば、自分で遺品供養をすることも可能です。

しかし、お焚き上げをする物によっては、地域の伝統や宗教の知識が必要になります。

※遺品供養について詳しく知りたい人は、下記を参照してください。

遺品供養はやっぱり必要?供養の方法と依頼場所・費用相場を解説

4.いくらかかる?遺品整理業者の相場

遺品整理業者の相場

遺品整理を業者に依頼する相場は20万円前後です。

ただし、部屋の広さや荷物の量によって作業量が変わるため、ケースごとに費用は大幅に変わります。金額が変わる要素は以下のとおりです。

  • 間取り
  • 作業人数
  • 作業時間
  • 荷物の量
  • オプションサービス

依頼をするときは、詳細が書かれた見積書を提示してもらい、追加費用の可能性がないか確認しましょう

見積もりを確認しないと、予想外の料金を請求されるかもしれません。

※遺品整理業者の相場や料金体系については、こちらの記事を参考にしてください。

遺品整理の相場はどのくらい?安く抑える方法と依頼するメリットを知ろう

遺品整理業者はブルークリーンにおまかせください

ブルークリーンは即日対応可能している

関東圏で遺品整理業者をお探しなら、ブルークリーンにご相談ください。

ブルークリーンはこれまで2000件以上の清掃実績と、お客様に寄り添う遺品整理サービスを行ってきました。

「業者に頼むのはちょっと心配。」という人こそ、ぜひとも気軽にご相談してください。

ここからは、実際にどのような遺品整理の仕事をしてきたのか、事例をご紹介します。

遺品整理の作業実例①

遺品整理業者を利用した場合の作業実例①

部屋中にカビが生えていた現場の事例です。

気管が弱かった依頼者は、不動産会社を通してブルークリーンをご利用いただきました。

カビはアレルギーや感染症を引き起こす可能性があるので、専門の業者による清掃をおすすめします

この事例では、以下の作業を行いました。

  • 作業前にカビ抑制剤を噴霧
  • 家財道具の搬出
  • 残置物の撤去
  • 貴重品の捜索
  • 簡易清掃

遺品の物量が少なかったこともあり、整理作業はスムーズに進行しました。

遺品整理の作業実例②

遺品整理業者を利用した場合の作業実例②

室内にあった遺品の整理と、残置物を撤去した現場の事例です。

遺族が片付けをしたものの物量が多すぎたので、ブルークリーンにご依頼いただきました

室内の整理整頓は済んでいましたが、荷物のある状態から作業を始めています。

この事例では以下の作業を行いました。

  • 家財道具の搬出
  • 残置物の撤去
  • 貴重品の捜索
  • 簡易清掃

作業当日は依頼者との連携がうまくいき、無事に完了しました。

遺品整理の作業実例③

遺品整理業者を利用した場合の作業実例③

賃貸物件を不動産会社に引き渡せる状態にした事例です。

故人が病院で逝去したので、相続に欠かせない書類を捜索する必要がありました

依頼者が探してみたものの、ほんの一部しか見つからなかったようです。

作業を行う場所が3階だったり、敷地内に駐車できるスペースがなかったりで、上下運動や移動距離のある現場でした。

この事例では以下の作業を行っています。

  • 家財道具の解体
  • 残置物の撤去
  • 貴重品の捜索
  • ハウスクリーニング

依頼者が探していた書類や、作業中に出てきた小銭も引き渡し、すべての行程が完了しました。

まとめ

遺品整理は遺族だけで済ますことも可能ですが、業者を利用すべきケースもあります。

作業の一部を業者に頼むことも、すべての作業を任せることも可能です。

以下のケースに当てはまるなら、プロの遺品整理業者に頼りましょう。

  • 遺体やカビなどで特殊清掃が必要
  • なるべく早く処置したい
  • 遺品の量やサイズが手に負えない
  • 相続に必要な書類を探したい

適切な業者に依頼をすると、一連の作業がスムーズに進行して、遺品整理のストレスを軽減できます。

実例で実際の遺品整理作業をイメージして、最適な手段を選択してくださいね。