遺品整理が大変で辛いときは業者に任せよう!料金を安く抑えるコツ

カテゴリー:
遺品整理が大変で辛いときは業者に任せよう!料金を安く抑えるコツ

遺品整理は故人の死と向き合う作業になるので、精神的に辛いものがあります。

また遺品が多いとどこから手をつければよいのか分からず、途方にくれてしまうこともあるはずです。

遺品整理が辛い、大変なときは遺品整理業者に任せましょう

この記事では、遺品整理が辛い理由や大変な遺品整理を軽減させるための対処法を解説します。

遺品整理が辛いときの対処法を把握しておくと、故人を亡くした精神的な負担を軽減できるようになりますよ。

遺品整理が大変で辛いときはブルークリーンにご相談ください!

故人を亡くした悲しみを抱えながらおこなう遺品整理は、辛く大変な作業です。

また遺品整理は、自分1人でできることに限りがあるため、多くの人手が必要になります。

しかし、遺族や親族もそれぞれ忙しく、遺品整理に時間が取れないこともあるでしょう。

遺品整理をする気持ちになれない、人手が足りずに途方に暮れてしまった人は、無理せずにブルークリーンにご相談ください。

ブルークリーンでは、事前にお客様と何を残すのかしっかり打ち合わせをした上で、見積もりをご提示してから作業いたしますので、安心して任せられますよ。

退去日が決まっていて、遺品整理の期限が迫っている場合も無料で最短即日の見積もり対応が可能です。

LINEでも相談できますので、気軽にお声がけ下さい。

1.遺品整理が辛い3つの理由

遺品整理が辛い3つの理由
遺品整理の際「故人の遺品を手にすると思い出がよみがえり辛い」「人手が足りなくて家具や家電の搬出がなかなかできない」という人は多いです。

遺品整理の作業は故人のすべての遺品を仕分けから、不用品の処分まで多岐にわたります

自分でおこなうと肉体的にも精神的にも大きな負担がかかるので注意が必要です。

故人の遺品整理が辛い理由はさまざまですが、主に3つの理由が考えられます。

理由1.物が多く作業が進まない

遺品整理が大変な理由の1つに、故人が残した物が多く作業が進まないことが挙げられます。

最近では生前整理をする人が増えてきたものの、多くの場合、人が亡くなると大量の遺品が残るはずです。

とくに親が高齢で亡くなった場合、心身の衰えから物が整理整頓できず、あふれかえっていることも少なくありません。

遺品整理では、故人が残したすべての遺品を仕分け、処分する必要があります。

残された物が多いと、仕分けだけでも一苦労です。

さらに遺品の多くは不用品なので、自治体のルールに沿って処分するのにも多くの手間や時間がかかります。

故人が残した物が多ければ多いほど、遺品整理の作業量が増えるため、遺族にとって辛く大変なものになるのです。

理由2.遺品を見ると故人を思い出す

故人を亡くした悲しい気持ちを整理し、遺品整理の作業に臨んだとしても、遺品と向き合うと故人とのさまざまな思い出が蘇ってきてしまいます

しかし、遺品をすべて残しておくことはできません。

遺品の多くは不用品なので、処分する必要がありますが「捨てる」と故人との思い出も捨ててしまうように感じ、辛いと思ってしまいます。

理由3.遺品整理をする時間や人手が足りない

遺品整理には多くの時間と人手が必要です。

しかし、遺品整理にのみ注力できる人はほとんどいません

多くの場合、遺族は仕事や家事、育児など忙しい時間の合間をぬって作業時間を確保する必要があります。

普段の日常生活だけでも忙しいのに、さらに遺品整理の作業が重なると精神的にも肉体的にも大きな負担がかかり大変です。

さらに故人の家が賃貸などで、退去日が決まっていて、遺品整理の期日が迫っている場合、遺族はさらに辛く大変な状況に追い込まれてしまいます。

2.遺品整理の辛さを乗り越える3つの対処法

遺品整理の辛さを乗り越える3つの対処法

遺品整理は故人を失った悲しみを抱える精神的負担と、大量の遺品を片付けなければならない肉体的負担がかかる大変な作業と言えます。

責任感の強い人は、家族や親族に迷惑はかけられないと遺品整理を自分1人でしようとしがちです。

しかし、1人でできることには限界があります

遺品整理の辛さを乗り越えるには1人で抱え込まず、家族や親族などにできるだけ協力してもらうことが重要です。

ここからは、遺品整理の辛さを乗り越える3つの対処法をご紹介します。

対処法1.悲しむ時間を設ける

故人を失った喪失感で、遺品整理をする気持ちになれないときは無理せずに悲しむ時間を設けましょう

家族が亡くなると葬儀や手続きなどで忙しく、悲しみに浸る時間がとれないこともあります。

そのため、故人の死を乗り越えたと勘違いしがちです。

しかし、遺品整理でいざ故人の遺品を手にとると、故人の死と直に向き合うことになり、悲しみから作業が止まってしまうこともあります。

それは悪いことではなく、故人の死を乗り越えるために必要な時間です。

悲しみや辛い気持ちを外に出すことは恥ずかしいことではありません。

気持ちの整理がつくまで、まずは故人を失った悲しみに浸りましょう。

対処法2.できる限り親族と協力する

遺品整理をするときは、できる限り親族と協力して進めましょう。

遺品整理は、大量の遺品を片付けなければならないので、人手が多ければ多いほど作業の負担は軽減されます

親族が多く集まれば、遺品の仕分けで迷ったときに、その場で相談しながら整理できるのです。

そのため遺品を勝手に処分された!などのトラブルを未然に防ぐこともできるでしょう。

また遺品整理しながら、故人との思い出を親族と共有することはグリーフケアにもなります

グリーフケアとは、深い悲しみを和らげる効果がある行動や療法のことで、遺品整理もその1つだと考えられているのです。

遺品整理には1人でできる作業もありますが、故人を失った悲しみを乗り越えるためにも、できるだけ親族に協力を仰ぎましょう。

対処法3.遺品整理の時期を決める

遺品整理の辛さを軽減したいならば、遺品整理の時期を決めましょう。

故人の家が持ち家の場合、忙しさや故人を失った悲しみを理由につい遺品整理を後回しにしがちです。

しかし、遺品整理を後回しにすればするほど、相続手続きが進められなかったり、家が荒れてしまったりと作業の負担が増えていきます。

故人の家が賃貸ならば、遺品整理を終えるまで家賃を払い続けなければなりません。

遺品整理の時期が長引くと、遺族の経済的負担が増えていきます。

四十九日や一回忌など親族が集まる機会が、遺品整理を始めるよいタイミングです

辛く大変な遺品整理の作業負担を増やさないためにも、遺品整理の時期を決めて計画的に作業しましょう。

3.遺品整理が辛く大変なときは業者に任せよう

遺品整理が辛く大変なときは業者に任せよう 「気持ちの整理が付かずに遺品整理ができない」「親の遺品整理をしているけど物が多くて途方に暮れている」など、遺品整理を自分ですることに限界を感じている人は少なくありません。

故人を失った悲しみを抱えながら、大量の遺品と向き合うのは大変な作業です。

さらに、遺品整理の人手が確保できない場合、遺族の負担はさらに大きくなります。

遺品整理が辛く大変な時は、業者に任せるのも1つの方法です。

ここからは、遺品整理を業者に任せるメリットをご紹介します。

メリット1.遺品の仕分けで悩まずに済む

遺品整理を業者に任せると、遺品をプロの目で効率よく仕分けてもらうことができます

自分で遺品を仕分けしようとすると、故人との思い出がよみがえり、残すべきか処分すべきかの判断に悩んでしまうことも少なくありません。

遺品整理業者は、経験や知識に基づき遺品を貴重品と不用品に仕分けてくれます。

また、故人の遺品を処分するときの罪悪感や後悔が軽減されるのもメリットの1つです。

メリット2.整理に長い時間を確保しなくてよい

遺品整理を業者に任せると、作業時間を大幅に短縮できます。

なぜなら、遺品整理業者は部屋の状態に合わせて作業人数を確保できるからです

さらに作業するのは遺品整理のプロなので、短時間で仕分けや不用品の処分などをしてくれます。

そのため、遺品作業の現場が賃貸で退去日が迫っている場合も、安心して作業を任せられるのです。

メリット3.不用品の処分を任せられて手間が省ける

遺品整理を業者に任せると不用品を処分する手間や時間を省くことができます。

自分で遺品整理する場合、不用品は自治体のルールに沿って処分しなければなりません。

たとえば大型の家具・家電を自分で処分する場合、処分日が月1~2回と限られていることが多く、さらに収集場所まで不用品を搬出する必要があります。

1人で運び出すことが難しい場合は、人手の確保が必要ですが、収集日に必ずしも人手を確保できるとは限りません。

また人手が確保できても、素人が大型の家具・家電を搬出するのは大変で、怪我のリスクを伴うでしょう。

遺品整理業者に任せれば、作業日に不用品をすべて処分してくれます

4.遺品整理の料金を安く抑えるコツ

遺品整理の料金を安く抑えるコツ

遺品整理を業者に任せるときには、費用がかかる点に注意しましょう

遺品整理の料金は部屋の状態によって、数十万円かかることもあるので、決して安い値段ではありません。

しかし、故人が亡くなると葬儀や法事などさまざまな費用がかかるので、できるだけ安く抑えたいものです。

ここからは、遺品整理の料金を安く抑える3つのコツをご紹介します。

コツ1.遺品整理の料金相場を把握する

遺品整理の料金を安く抑えたいならば、料金相場を把握しておきましょう。

なぜなら、遺品整理業者のなかには悪質な業者もいて、不正に高額な請求をしてくる場合もあるからです。

料金相場を知らないと、その金額が適正金額と思い込み契約してしまう恐れがあります。

事前に料金相場を知っておけば、悪質な業者に出会ったとしても、契約を回避することができますよ。

遺品整理業者の料金は、部屋の広さにより設定されているのが一般的です。

間取り 料金相場
1LDK 63,000円~88,000円
2DK 88,000円~132,000円
2LDK 96,000円~165,000円
3DK 143,000円~198,000円
3LDK 151,000円~220,000円
4LDK 180,000円~600,000円

しかし、部屋の広さが同じでも遺品の量や部屋の状態によって作業人数や時間が異なるため、料金が変わります。

より具体的な料金を知りたい場合は、遺品整理業者に見積もりをとりましょう。

コツ2.相見積もりをとる

遺品整理の料金を安く抑えたいならば、複数の業者から見積もりをとりましょう

なぜなら遺品整理の料金は、規定がないので業者が自由に値段を設定できるからです。

そのため、同じ部屋でも業者によってサービス内容や費用が大きく異なります。

複数の業者の見積もりから、料金プランやサービス内容を比較するとより安い料金の業者を選ぶことができますよ。

しかし、他の業者と比べて料金が安すぎる業者は要注意です。

追加料金で高額な請求をされたり、不用品を違法に処分したりしている恐れがあるので避けたほうがよいでしょう。

コツ3.不用品の買取をしてもらう

遺品整理の料金を安く抑えたいならば、買取サービスに対応している遺品整理業者を選びましょう。

遺品整理で不用品に仕分けた遺品のなかには、状態のよい家具・家電や価値のある骨董品などが含まれていることがあるのです。

買取サービスでは、遺品整理をしながら価値のある遺品を査定し、買取価格を遺品整理の料金から差し引いてくれます

時間に余裕があるときは、不用品をネットオークションで出品すると、より高い値で買取してくれることもあるのでおすすめです。

また、以下の記事では遺品整理の費用について詳しく解説しているので、併せてチェックしてみてください。

遺品整理の費用相場は?安くする方法と業者に依頼するメリット

5.遺品整理が辛いときはブルークリーンにお任せください!

遺品整理が辛いときはブルークリーンにお任せください!

遺品整理は自分でもできますが、故人を亡くした精神的負担が大きかったり、人手の確保が難しかったりすると辛く大変な作業になります

このように自分で遺品整理をおこなうことに限界を感じたら、無理をせずブルークリーンにご相談ください。

ブルークリーンなら、何を残すのかお客様としっかり打ち合わせした上で、見積もりを提示しご納得頂いてから作業をおこなうので、安心して遺品整理を任せられます。

2,000件以上の清掃実績、お客様に寄り添う遺品整理サービスの実績が誇りです。

最短で即日の対応も可能ですので、賃貸で退去日が迫っている場合の遺品整理も問題なく施工できます。

LINEや電話で無料の相談やお見積もりをご利用いただけますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

まとめ

故人を亡くした悲しみを抱えたままおこなう遺品整理は、辛く大変な作業になります。

遺品を手に取ると故人との思い出が蘇り、残しておくべきか不用品か悩んでしまうことも少なくありません。

また遺品のなかには大型の家具や家電もあるので、できるだけ多くの人手が必要です。

しかし遺族や親族間で集まろうとしても、それぞれ仕事や家庭の事情があり、人手を確保するのが難しいこともあります。

自分でおこなう遺品整理が辛く大変なときは、業者に依頼するのも1つの方法です。

遺品整理を業者に依頼すれば、プロの目で遺品を仕分け、不用品を処分してくれるので、短時間で遺品整理を完了できます。

監修者 鈴木亮太(すーさん)

ブルークリーン株式会社

カスタマーサービス部所属

▶経歴
・公益社団法人日本ペストコントロール協会ペストコントロール技能師
・3,000件以上の孤独死案件に携わる

▶メディア出演
・「ABEMA 変わる報道番組 #アベプラ【公式】」ABEMA
・「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」BSスカパー
日刊SPA!
bizSPA!フレッシュ
・「Channel恐怖」Aamzon prime video