電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

介護施設への入居に伴う退去、片付けに掛かる費用と作業内容を解説【施工事例】

カテゴリー:

1.今回の片付けの依頼背景は?

今回のお客様は以前に体調不良が原因で入院した際に、退院後に福祉用具設置やケアマネジャーを入れる為に部屋の片付けを依頼していただいた部屋の住人のご親族からの相談でした。

前回の依頼後、部屋の住人は自宅で介護を受けていたそうですが、体調が一向に改善されなかった為長期の入院生活を送ることになったそうです。

そのため部屋の解約をすることになり、それに伴う室内の片付けをご希望されておりました。

関連:[親の家を片付ける方法やコツとは?うまく進めるための注意点まで]

2.片付けをする部屋の状態は?現場の状況について

実際に現地調査に訪れたところ室内は必要最低限の物しかなく、比較的に綺麗に整理整頓されていました。

お客様から「洋服を何点か選別して取っておき、洋服は一か所にまとめて頂きたい」とご要望があり、作業当日に一緒に選別を行うことになりました。

今回のように入院や引越しなどが伴う作業ではお客様と一緒に作業を進めることがよくありますが、お客様が安心して作業に加わるようにすることも私たちの仕事の一つです。

関連:[身辺整理の基本は断捨離!身辺整理の方法と手順をわかりやすく解説]

3.実施した片付けの内容について

現地調査の結果、次の内容をお客様へ提案致しました。

・不要物の仕分け

・残置物の撤去

・生ごみの中身出し

・仕上げ清掃

御見積書の提出後、お客様からこれらの作業をすぐに実施したいとご連絡をいただいた為、速やかに段取りを組むことになりました。

作業当日はガスコンロや照明器具などの初期設備なのかどうか判断が難しい物について、その場で管理会社に直接確認をしていただけたおかげでスムーズに工程を進めることができました。

実は前回作業時には自宅で体調を良くするために、部屋全体に染み付いたヤニを落としたり脱臭作業をするなど住環境の改善を行いました。

今回は退去に伴う作業で必要最低限の内容に留まった為、費用も安くご提案することができました。

4.まとめ

高齢者の入院や福祉施設への入居に伴う室内の片付けや清掃作業は増加傾向にありますが、作業をスムーズに進めるためにはご親族の協力がどうしても必要です。

作業後のトラブルや費用面での課題を少しでも軽減するために事前の相談を早めにすることをお勧めします。

関連:[生活保護受給者の荷物整理と引越し、行政と連携した作業を解説【施工事例】]

関連:[数か月も掃除されなかった汚部屋、実際の片付けや清掃の流れを徹底解説【施工事例】]

before
after
間取り 1DK
作業時間 2時間
作業人数 2名
作業費用 69,000円