電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

数か月も掃除されなかった汚部屋、実際の片付けや清掃の流れを徹底解説【施工事例】

カテゴリー:

1.今回の片付けのご依頼背景は?

今回のお客様は実際に部屋に住んでいるご本人様からで、ご自身で片付けられないほど部屋が散らかってしまった為、整理整頓や清掃をまとめて依頼できる業者を探していたそうです。

お客様は普段会社員として勤務されており、不規則な生活が続く中で掃除や片付けを疎かにした結果、部屋が汚くなってしまったとお電話で説明していただきました。

私たちはお客様と現地調査に伺える日程を調整して、現地調査にお伺いすることになりました。

2.片付け箇所の状態は?現場の状況について

現地調査当日、私たちは約束の時間にお客様が住んでいる部屋に入室して調査を開始しました。

室内は入り口から各部屋にかけてコンビニ弁当のゴミやペットボトル、雑誌や新聞など不要な物で溢れており、足の踏み場がないほどでした。

お客様はご自身で必要・不要な物を判断することが難しいと仰っていた為、一般的な部屋の状態にして最低限の物だけを残るように整理する荷物を一つ一つ確認することになりました。

間取りが3LDKと広く、全体的にゴミが散乱している状態だったため、正確な御見積もりを算出するのに時間が掛かる状況でした。

関連:[実家が汚いままだと3つのリスクがあった!効果的な掃除方法はとは?]

3.施工した片付けの内容について

現地調査の結果、次の内容をお客様へ提案致しました。

・不要物の仕分け

・生ごみの清掃

・整理整頓

・ハウスクリーニング

御見積書の提出後、お客様からこれらの作業をすぐに実施したいとご連絡をいただいた為、速やかに段取りを組むことになりました。

作業は予定通りに完了し、お客様が綺麗になった部屋を見て「友達を呼びたい!」と満足そうに私たちに話しかけてくださり私たちも嬉しくなりました。

どれだけ要らないものがあったのかとお客様ご自身も驚いている印象でした。

4.まとめ

現在、不規則な生活習慣を送る若い世代が増えているため、汚部屋の数も同時に増えていると言われています。

しかし、日頃からこまめに清掃や片付けを行えば部屋が汚部屋になることは決してありません。

汚部屋でお困りの方はまずは決まった日にしっかりとゴミを出すことから始めてはいかがでしょうか。

関連:[あなたは汚部屋女子かも!?女性らしい部屋に変身する掃除法も解説!]

before
after
間取り 3LDK
作業時間 8時間
作業人数 7名
作業費用 401,000円