電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

入居者が一人の二階建て木造アパートで孤独死、特殊清掃にかかる費用と作業内容を解説【施工事例】

カテゴリー:

1.特殊清掃のご依頼背景は?

今回ご連絡いただいたのは故人様のご遺族で、特殊清掃や脱臭をしてくれる業者をインターネットで探していたところ私たちにたどり着きました。

聞くところによるとお客様は故人様と1年ほど前から連絡を取っておらず、大家さんからの連絡で孤独死を知ったそうです。

害虫の発生や近隣の被害も今のところ無いが、部屋を引き払わなければならないためすぐに対応して欲しいとのことでした。

2.現場の状態は?部屋の状況について

現地調査当日、現場を訪れると築30年以上は経っているであろう2階建ての木造アパートがありました。

玄関を開けると発見が早かった為か腐敗臭はそこまでありませんでしたが食べ物が腐ったような臭いと生活臭が感じられました。

布団の上に汚染箇所があり、体液はそこまで広がっておらず若干染みついている程度でした。

室内も物量は少なかったため半日で作業は終わると予想されました。

関連:[死臭や腐敗臭を取り切る方法とは?プロの特殊清掃業者が『取れない臭い』を消します!]

3.特殊清掃の内容について

現地調査の結果、次の作業をお客様へ提案いたしました。

・腐敗物の撤去

・除菌・消毒

・脱臭

・残置物撤去

・パッキング

・生もの中身だし

・簡易清掃

後日、お客様からこれらの作業を実施したいとご連絡をいただいた為、すぐに作業の段取りを組むことになりました。

まず部屋全体を除菌したあと孤独死の発生した部屋をマスカーで区切り、セーフゾーンを作って仕分けと特殊清掃で分かれて作業をおこないました。

汚染された布団の一部と枕をハサミで切り取り、バイオハザードボックスに封入いたしました。

幸いにも畳に体液は染みておらず、汚染箇所を撤去した後は再び除菌作業をおこなって特殊清掃は完了いたしました。

室内にゴミはあまり散らかっていませんでしたが、貴重品が紛れていることが多く慎重に仕分けを進めました。

尿が入ったペットボトルが箪笥の中から大量に見つかり中身だし作業をおこなうため予定よりも時間がかかってしまいました。

全ての残置物を撤去して部屋を空にしたあと脱臭機をかけて脱臭作業をおこない、すべての作業を完了いたしました。

4.まとめ

今回のように腐敗臭以外の悪臭であっても、特殊清掃の技術を生かし臭いを取り除くことが可能です。

脱臭作業には特に力を入れておりますので、お困りの場合はご相談ください。

関連:[孤独死の発見が遅れ隣室までウジ虫が発生、費用と作業内容を解説【施工事例】]

before
after
間取り 2K
作業時間 5時間
作業人数 4名
作業費用 495,000円