電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

大量の害虫が発生した生ごみ臭漂うキッチンを片付け、流れと費用を解説【施工事例】

カテゴリー:

1.お片付けのご依頼背景は?

今回ご連絡いただいたのはこの家に住むご家族からで、ゴミ屋敷の片づけと清掃をしてくれる業者を探していたところ私たちに辿り着きました。

聞くところによるとキッチンにゴミと汚れがたまっており、腐っている物もあるため害虫も発生してしまっているそうです。

今回は予算を抑えるためにキッチンのみを片づけてほしいとのことでしたので、見積もり日程を決めて現地に向かうことになりました。

2.現場の状態は?部屋の状況について

現地調査当日、現場を訪れると築20~30年ほどの立派なマンションがあり、お部屋はその最上階にありました。

扉を開けるとまず強い生ごみ臭が鼻を突き、玄関にもゴミがたまっているのが確認できました。

家の中はゴミ屋敷状態で足の踏み場がないほどゴミが散乱しており物量もかなり多いため、クリーニング作業を入れて2日はかかることが予想されました。

事前に伺っていた通りキッチンの汚れ具合が一番ひどくハエやゴキブリなども大量に湧いていました。

関連:[ためこみ症が片付けられない原因?症状と治療方法・相談先を丁寧に解説]

3.片付けとクリーニングの内容について

現地調査の結果、今回は次の作業をお客様へ提案いたしました。

・ゴミの撤去

・生ものの中身だし

・ハウスクリーニング

後日、お客様からこれらの作業を実施したいとご連絡をいただいた為、すぐに作業の段取りを組むことになりました。

まず簡易的に殺虫作業をおこなってから仕分け作業に入り中身だしが必要な物がかなり多かったため1日目はゴミの撤去と中身だし作業をそれぞれ分かれておこないました。

2日目からクリーニング作業に取り掛かり、特に汚れの強いシンクとコンロは念入りに磨きあげました。

最後に壁や床を清掃し、お客様に室内を確認していただいて作業を完了いたしました。

4.まとめ

今回のように予算を抑えるために特に汚れている部分だけ清掃することも可能です。

あまりお金はかけたくないが、自分1人では解決することが難しい場合はご相談ください。

before
after
間取り 3LDK
作業時間 2日
作業人数 3名
作業費用 275,000円