電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

孤独死により大量のウジ虫が湧いた1K、特殊清掃を解説【施工事例】

カテゴリー:

1.特殊清掃のご依頼背景は?

今回ご連絡いただいたのはこの部屋のオーナー様からで、最初に孤独死を発見したご遺族から相談を受け特殊清掃をしてくれる業者を探していたところ私たちにたどり着きました。

聞くところによると発見から半月ほど経っており、臭いが外にまで漏れてしまっているそうです。

近隣住民のことも考え早急に見積もり現場に向かうことになりました。

2.現場の状態は?部屋の状況について

現地調査当日、現場を訪れると築30~40年以上は経っているであろう10階建てのマンションがありました。

玄関を開ける前から腐敗臭が漂っており、扉を開けると強烈な悪臭が漏れ出てきた為すぐに扉を閉めて調査を開始しました。

居室の真ん中に置かれたベッドに人型の跡がくっきりと残っており、体液の上にウジ虫とゴキブリの卵が湧いていました。

室内は整理されており綺麗な印象でしたが壁の隙間や狭い場所にハエのサナギがびっしりとついていた為除去に時間がかかることが予想されました。

関連:[【実録#15】布団から大量のうじ虫が発生、公営団地で起きた孤独死の現場はこうして綺麗になる【特殊清掃】]

3.特殊清掃の内容について

現地調査の結果、今回は次の作業をお客様へ提案いたしました。

・腐敗物の撤去

・除菌

・脱臭

・残置物撤去

・形見分け(貴重品の捜索)

・パッキング

・クロス剥がし

・クッションフロア剥がし

・ハウスクリーニング

後日、お客様からこれらの作業を実施したいとご連絡をいただいた為、すぐに作業の段取りを組むことになりました。

まず部屋全体を消毒したあとベッドの上の汚染箇所を解体して撤去してから仕分け作業に入りました。

物が整理整頓されていたこともあり仕分け作業は順調に進みましたが、壁紙を剥がしたところ裏に大量のハエのサナギが詰まっていました。

掃除機で吸い出して虫を駆除していき、部屋を空にしたあと脱臭機をかけて臭いを最小限に抑えました。

部屋は全体的に比較的に落ちやすい汚れのみで、薬品を使用して磨き上げることで綺麗な状態に戻すことができました。

4.まとめ

今回のように悪臭が充満していた現場でも、原因を全て取り除くことでほぼ確実に臭いを消すことができます。

特に脱臭は私たちの得意分野でもありますので、お困りの場合は是非ご相談ください。

関連:[マンション7階で孤独死が発生、ウジ虫が大量発生した現場の特殊清掃と内容を解説【施工事例】]

before
after
間取り 1K
作業時間 2日
作業人数 6名
作業費用 550,000円