電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

マンション7階で孤独死が発生、ウジ虫が大量発生した現場の特殊清掃と内容を解説【施工事例】

カテゴリー:

1.特殊清掃のご依頼背景は?

今回ご連絡いただいたのは不動産会社様からで、管理物件内で孤独死が発生し特殊清掃と片付けをしてくれる業者を探していたところ私たちにたどり着きました。

聞くところによるとはじめは遺品整理の業者に相談したものの、特殊清掃が専門では無かった為作業ができないと断られてしまったそうです。

立ち会い無しでの現地調査をご希望されていた為事前に鍵をお預かりして見積もりに伺うことになりました。

2.現場の状態は?部屋の状況について

現地調査当日、現場を訪れると築30年以上は経っているであろう8階建てのマンションがありました。

玄関の扉を開けると腐敗臭が流れてきた為すぐに扉を閉めて調査を開始しました。

1Kのキッチン前に黒く変色した体液が広がっておりウジが大量に湧いていた為、駆除も同時におこなう必要がありました。

物量自体は少なかったですが、汚染箇所であるフローリングの解体もしなければならないため時間がかかることが予想されました。

関連:[孤独死の処理屋とは?処理屋のサービスや孤独死が起きた時の対処法]

3.特殊清掃の内容について

現地調査の結果、今回は次の作業をお客様へ提案いたしました。

・腐敗物の撤去

・除菌

・脱臭

・汚染箇所解体

・クロス剥がし

・形見分け(貴重品の捜索)

・残置物撤去

・パッキング

後日、お客様からこれらの作業を実施したいとご連絡をいただいた為、すぐに作業の段取りを組むことになりました。

作業当日、見積もりの際よりも臭いが強くなっていることがわかり、脱臭作業をしっかりとおこなう必要がありました。

まず部屋全体の除菌をおこなったあと腐敗物の撤去をし、汚染箇所のフローリングや扉のスライド部分は特殊な薬品を使い入念に消毒作業をおこないました。

スタッフが安全に作業に入れるようになってから残置物の撤去をはじめ、半日ほどで搬出作業まで終えました。

部屋を空にしたあと脱臭作業をおこないクロスをはがした後、再び脱臭作業をすることで壁に染みついた臭いを取ることができました。

体液の染みついたフローリングと下地の一部を解体し、簡易清掃をして作業は完工致しました。

4.まとめ

今回のようにマンションの7階でもハエが卵を産み付けウジが湧いてしまい、扉の外まで臭いが漏れてくる場合があります。

時間が経つほどウジ虫が増加して臭いが強くなりますので、孤独死を発生した場合は近隣の被害も考えすぐに対処する必要があります。

関連:[巨大なハエが飛び回るゴミ屋敷で孤独死、特殊清掃と片付けの内容を解説【施工事例】]

関連:[特殊清掃現場に必ずいる「ウジ虫」について解説します]

before
after
間取り 1K
作業時間 1日
作業人数 2名
作業費用 275,000円