電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

入院した家族の部屋を整理、費用と作業内容を解説【施工事例】

カテゴリー:

1.お片付けのご依頼背景は?

今回のお客様はこの部屋に住んでいた方のご家族で、インターネットを通じて私たちにお問合せいただきました。

聞くところによると、もともと部屋に住んでいた方が病気により入院した為今まで住んでいた部屋に残っている荷物を片付けて欲しいとのご相談でした。

はじめはお客様がご家族と一緒に片付けを進めていたそうですが、物量も多く大きな家電や家具は手に負えない為対応できる業者をインターネット検索したところ私たちににたどり着いたそうです。

2.現場の状態は?部屋の状況について

現地調査当日、部屋にお伺いしたところ一人で部屋の片付けをされていたお客様が出迎えてくれました。

部屋の中はまだ片付けをしている最中ということもあり、物量が多く散らかっているような状態でしたが、細かい仕分けや貴重品の選別をお客様がすでにされていた為作業自体は1日も掛からないことがこの時点で予想されました。

またこちらで撤去するものはお客様で片付けられない家電と家具だけで良いとのことでした。

関連:[親の家を片付ける方法やコツとは?うまく進めるための注意点まで]

3.片付けの内容について

現地調査の結果、今回は次の作業をお客様へ提案いたしました。

・不要物の仕分け

・残置物撤去

後日、お客様からこれらの作業を実施したいとご連絡をいただいた為すぐに作業の段取りを組むことになりました。

お客様自身で処分できる小さいゴミや可燃ゴミは手を付けなくて良いとのことでしたので当初の予定通り大きな家電や家具、食器類をこちらで片付けました。

また壁や床を傷つけないように家具の解体や搬出作業は養生を設営した上で慎重におこないました。

最後に小さいゴミや可燃ゴミの搬出をお客様が行いやすいよう、キッチンに全てまとめて置かせていただき作業は完了しました。

4.まとめ

今回のように1人で大きな家具や家電を処分するのは難しく、お困りの方が増えています。

部屋を片付けたいがどうして良いか分からない場合、まずは専門業者に相談することが大切です。

関連:[介護施設への入居に伴う退去、片付けに掛かる費用と作業内容を解説【施工事例】]

before
after
間取り 2DK
作業時間 1日
作業人数 5名
作業費用 165,000円