電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

建物の解体で立退きする高齢者宅の片付け、実際の作業内容と費用を解説【施工事例】

カテゴリー:

1.今回の片付けの依頼背景は?

今回のお客様は建物のオーナー様で不動産会社様を通して私たちにお問合せをいただきました。

老朽化に伴い建物を解体することになったそうですが、建物には生活保護を受けている高齢者が多く住んでおり、出来る限りの転居のサポートをご依頼者様が自治体と協力して行なっていることから、今回のお問合せもその一環で住民の部屋の片付けをしてほしいというご相談でした。

2.片付けをする部屋の状態は?現場の状況について

現場は高齢者の独り暮らしに必要な最低限の物量しかない六畳一間のワンルームで、全体的な物量も多くはありませんでした。

しかし現地調査の際に部屋中に小銭が散乱していることに気づきました。

これは住民の方が買い物をした後におつりの小銭をそのまま放置していることが原因であるとご立合いいただいたお客様が仰っていたため、それらの仕分け作業に少し手間が掛かることがこの時点では予想されました。

また生活保護受給者ということもあり、個人情報や契約書関係の書類を確実に仕分けしなければならず、現地調査をしながら同時に作業後の引き渡しについても考える必要がありました。

関連:[断捨離を業者に依頼しよう!3つのメリットと失敗しない選び方は?]

3.実施した片付けの内容について

現地調査の結果、次の内容をお客様へ提案致しました。

・荷物の仕分け

・残置物の撤去

・生ごみの中身出し

・貴重品の捜索

御見積書の提出後、お客様からこれらの作業をすぐに実施したいとご連絡をいただいた為、速やかに段取りを組むことになりました。

今回は建物の解体に伴う作業だったこともあり、仕上げの清掃作業などを省き費用をなるべく抑える方法をご提案致しました。

お客様の予算や状況やご依頼までの背景を考慮した最適なプランをご提案するのも私たちの大切な仕事の一つになります。

4.まとめ

建物の解体に伴う片付け作業は意外と少なくありません。

解体業者によって室内に残地可能な品目が変わるため、事前情報が必要不可欠になります。

お問合せの段階で私たちからこららを確認いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連:[介護施設への入居に伴う退去、片付けに掛かる費用と作業内容を解説【施工事例】]

before
after
間取り 1K
作業時間 4時間
作業人数 3名
作業費用 89,000円