電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

都営住宅から施設へ引越すための家財整理、実際の作業内容と流れを解説【施工事例】

カテゴリー:

1.今回の家財整理の依頼背景は?

今回のお客様は家財整理をする予定の部屋に住んでいる方のご家族様で、自治体が委託している相談窓口を通してお問合せいただきました。

聞くところによると部屋の住人が高齢者施設へ入居することになった為部屋を片付けようとしたそうですが、物量が意外と多く自分たちで作業をするのは困難と判断して専門業者に相談することになったそうです。

2.家財整理をする部屋の状態は?現場の状況について

現場は都営住宅で、退去に伴ってエアコンや風呂釜、給湯器など住宅内の設備を取り外さなければいけないことが分かりました。

これらの取外し作業を片付けと併行しておこなう場合は適切な人数と段取りが必要になります。

そのため私たちは現地調査時に管理会社や建物の管理組合と連絡を取りながら工程を仮で作成いたしました。

関連:[親の家を片付ける方法やコツとは?うまく進めるための注意点まで]

3.家財整理の内容について

現地調査の結果、次の内容をお客様へ提案致しました。

・仕分け作業

・残置物の撤去

・生ごみの中身出し

・指定設備の取外し

・仕上げ清掃

御見積書の提出後、お客様からこれらの作業をすぐに実施したいとご要望をいただいた為、速やかに作業に取り掛かりました。

作業当日は仕分けや貴重品の捜索等からスタートして、同時に設備の取外しにも人員を割きました。

現地調査の段階で工程を仮組していたことも功を奏して予定通りの時間に作業を完了することが出来ました。

また部屋にはリサイクル可能な雑貨や家財道具がたくさんあり、それらの買取もおこなった為お客様に大変喜ばれました。

4.まとめ

通常の賃貸物件と違い公団や都営住宅では退去に設備の取外しが伴う場合があります。

これらの退去ルールは複雑なことが多いので現地調査の際に代わりに管理会社へ連絡することがほとんどです。

ご自身で確認することももちろん可能ですが、お見積り時に可能なサービスの一つであるのでお勧めです。

関連:[建物の解体で立退きする高齢者宅の片付け、実際の作業内容と費用を解説【施工事例】]

before
after
間取り 1DK
作業時間 7時間
作業人数 5名
作業費用 293,000円