電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

高齢者に多い小銭が散乱した部屋の片付け、実際の作業と流れを解説【施工事例】

カテゴリー:

1.今回の片付けの依頼背景は?

今回のお客様は介護を受けている高齢者の方で、担当するケアマネージャー様を通して私たちにご相談いただきました。

ご自身が高齢者施設に入居することになったため、現在住んでいる部屋を不動産会社に引き渡せる状態にするのこと、施設に持っていくものを仕分けてほしいとご要望がありました。

2.片付けをする部屋の状態は?現場の状況について

現地調査当日、室内に入ると足の踏み場もないぐらい大量の衣類や工具、そして雑貨類や生活ゴミで床が埋め尽くされていました。

高齢者の家によく見れられる「部屋中に小銭が散乱している」という状況で、担当しているケアマネージャー様もその様子に困っていたそうです。

作業内容や日程については管理組合やご家族様、ケアマネージャー様と打ち合わせすることになり、作業申請や探している品や発見したら残しておく物の擦り合わせも綿密に行いました。

関連:[親の家を片付ける方法やコツとは?うまく進めるための注意点まで]

3.実施した片付けの内容について

現地調査の結果、次の内容をお客様へ提案致しました。

・不要物の仕分け

・残置物の撤去

・貴重品の捜索

・生ごみの中身出し

・仕上げ清掃

御見積書の提出後、お客様からこれらの作業をすぐに実施したいとご連絡をいただいた為、速やかに段取りを組むことになりました。

作業当日はご家族様が遠方にお住まいで仕事の都合上、立ち会うことが難しいため鍵をお預かりして作業を実施しました。

作業自体は一日で完了し、その日のうちににご家族様や管理組合、ケアマネジャー様に完了のお知らせのご連絡することができました。

4.まとめ

高齢者のご自宅では小銭が散乱していることがよくあります。

これらを防止するためには日ごろから小銭などの貴重品を置いておく場所を設置して、そこにまとめて置くように指示をすることが大切です。

関連:[介護施設への入居に伴う退去、片付けに掛かる費用と作業内容を解説【施工事例】]

before
after
間取り 2DK
作業時間 8時間
作業人数 5名
作業費用 358,000円