電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

ゴミの圧力で窓が開かない部屋で孤独死、特殊清掃の流れと内容を解説【施工事例】

カテゴリー:

1.今回の特殊清掃のご依頼背景は?

今回のお客様は亡くなった方のご遺族で、「孤独死で発見された親族の部屋がゴミ屋敷状態だった、悪臭が近隣住人に影響しているので急いで対応してほしい」とご相談がありました。

ゴミ屋敷と呼ばれる状態の部屋で孤独死が発覚した場合、ほとんどのケースでは害虫が発生していたり腐敗臭とゴミの臭いが混同して臭いが悪化する事態が起こるため、急いで対処する必要があります。

まさに今回のケースもいち早く対応しなければ、さらに状況が悪くなる典型的なパターンでした。

そのため私たちは現地調査にお伺いする日程をお客様と調整して、最短で現地に向かうことにしました。

関連:[孤独死清掃の現場とは?清掃の流れや業者を選ぶポイントまで]

2.特殊清掃箇所の状態は?現場の状況について

現地調査の当日、お客様と建物の前で合流しました。

実は当初の予定では作業費用の節約のため、書類や貴重品はお客様ご自身で探そうとしていたそうなのですが、

お客様が部屋を先に覗いたところ室内には腐敗臭や害虫が発生しており、劣悪な環境になっていることから相続に必要な書類や貴重品を自ら捜索することは断念して私たちに後続の対応を依頼することになったそうです。

部屋の中はご遺体の跡から発生している腐敗臭タバコのヤニ臭ゴミ臭生活臭など色んな種類の臭気が混同しており、また、大量の書籍や不要品で溢れかえっておりました。

関連:[特殊清掃で取れる臭い5種類!オススメの清掃業者とは?]

3.施工した特殊清掃の内容について

現地調査の結果、次の内容をお客様へ提案致しました。

・腐敗物の清掃

・消臭消毒

・害虫駆除

・貴重品の捜索

・荷物の仕分け

・残置物の撤去

・脱臭

御見積書の提出後、お客様からこれらの作業をすぐに実施したいとご連絡をいただいた為、速やかに段取りを組むことになりました。

部屋には大量の荷物がありましたが、実際に作業を進めていくと書籍や雑貨などが大半だったこともあり、スムーズに終えることが出来ました。

お客様が探していた相続に必要な書類や貴重品(印鑑や通帳)なども無事に見つかって引き渡すことが出来ました。

当初心配していた悪臭は室内の残置物が無くなった時点でほとんど収まり、体液が残っていた部分も下地に染みていませんでした。

4.まとめ

今回のケースのようにお客様自ら作業を始めたものの、あまりにも大変な作業に疲弊し断念した結果、業者に依頼するということは少なくありません。

そのような場合でも後続の対応をスムーズに引き継ぐことが出来るので、どんなケースでもまずは安心してご相談ください。

関連:[タバコ部屋での孤独死、実際の特殊清掃の内容を解説【実例】]

関連:[天井に届きそうなゴミ屋敷の中で孤独死、特殊清掃の流れと内容を解説【実例】]

before
after
間取り 2K
作業時間 3日
作業人数 8名
作業費用 790,000円