電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

ゴミの放置で害虫が発生した汚部屋、実際のお片付けの内容を解説【実例】

カテゴリー:

1.今回の汚部屋の背景は?

今回のお客様は実際に部屋に住んでいるご本人様で、自治体の相談窓口を通して私たちにお問合せいただきました。

聞くところによると、お客様は仕事の疲労からしばらくの間部屋の掃除が出来ずに気が付いたら害虫が発生してしまっていた為、害虫の発生を気にせずに部屋の掃除と整理整頓をしてくれる業者を探していたそうです。

実は私たちにお問合せいただくまでに何社か相談したそうですが、害虫が発生している状態を説明したところ全部の業者に断られたとの事でした。

害虫が発生している状況をいち早く改善したいとご要望があった為、急いで現地調査に伺うことになりました。

関連:[汚部屋をハウスクリーニングしたい!依頼できるサービスと費用を徹底解説!]

2.汚部屋の状態は?現場の状況について

現地調査当日、部屋の中を確認すると生活ゴミが至る所に溢れかえっており、足の踏み場がないほどの汚部屋になっていました。

また室内だけではなく、ベランダにも使わなくなった道具壊れた電化製品がいくつも溜まっている状態でした。

お客様は今後もこの部屋に住み続ける予定だそうで、残す物や残さない物の区別をその場で一緒におこなうことになりました。

当初懸念していた害虫は散乱しているコンビニゴミから発生していることが分かり、殺虫剤の散布も併せて実施する必要がありました。

3.実際のお片付けの内容について

現地調査の結果、今回は次の作業をお客様へ提案いたしました。

・整理整頓

・除菌消臭

・殺虫

・ハウスクリーニング

後日、お客様からこれらの作業を実施したいとご連絡をいただいた為、すぐに作業の段取りを組むことになりました。

現地調査の際にお客様としっかりと打合せしたかいもあり、作業は1時間ほどで完了することができました。

また今回の作業を通してお客様が長年探していた貴重品を発見することが出来た為とても喜んでいただきました。

4.まとめ

近年、生活習慣の乱れによる室内の汚部屋化は増加傾向にあると言われています。

どんなに仕事が忙しい日でも使ったものをちゃんと定位置に戻したり定期回収日にゴミを出すことを忘れなければ、汚部屋になることはありません。

綺麗な部屋を保つには日々の積み重ねが最も大切です。

関連:[あなたは汚部屋女子かも!?女性らしい部屋に変身する掃除法も解説!]

before
after
間取り 1R
作業時間 1時間
作業人数 2名
作業費用 55,000円