電話で問い合わせ電話で問い合わせ

Case Study ケーススタディ

ケアプランに合わせた汚部屋のお片付け、実際の作業内容と流れを解説【施工事例】

カテゴリー:

1.今回の片付けの依頼背景は?

今回のお客様は部屋に住んでいるご本人様で担当のケアマネージャー様を通して私たちにお問合せいただきました。

お客様は定期的に生活の補助をしてもらっているそうですが、ケアプランの見直しに伴って福祉用具や必要な家財の購入をするため室内を一度綺麗にすることを決意されたそうです。

2.片付けをする部屋の状態は?現場の状況について

現地の状態は床一面に生活ごみが散らかっており、家具や雑貨なども乱雑に置かれてありました。

また、ペットを飼っているため毛や糞などもたくさん落ちており、担当のケアマネージャーから「この家を普通に過ごせる状態にしてほしい」とのご要望もありました。

3.実施した片付けの内容について

現地調査の結果、次の内容をお客様へ提案致しました。

・不要物の仕分け

・生ごみの中身出し

・ハウスクリーニング

御見積書の提出後、お客様からこれらの作業をすぐに実施したいとご連絡をいただいた為、速やかに段取りを組むことになりました。

作業後にケアマネージャーが入る日程を増やしたり他の介護サービスを充実させていく予定でしたので、いつでも予定通りにケアプランが実現できるように工程通りに作業をおこないました。

4.まとめ

介護を受けている方の部屋を片付ける際は担当しているケアマネージャー様と連携を取ることは必須になります。

作業後のケアプランを十分に理解することが双方にとって最大の利益となることは間違いありません。

関連:[家財処分は業者にお任せ!上手な選び方とおすすめの業者は?]

before
after
間取り 2LDK
作業時間 5時間
作業人数 4名
作業費用 130,000円